/マウリシオ・ポチェッティーノ:サウサンプトン戦を控えての記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:サウサンプトン戦を控えての記者会見

サウサンプトンがミッドウィークに4-0で勝利したが?

とてもタフな試合になるだろう、サウサンプトンはとても良いチームだ、私はサウサンプトンに特別な思いがある。私が前に所属していたクラブであり、私のイングランドでの最初のクラブで、私にイングランドに渡る機会を与えてくれたんだ。英語を学んでこの素晴らしい国で過ごし、世界で最高のリーグを戦う機会をね。私はサウサンプトンについて称賛することしか言えないよ。彼らには、とても良い選手、素晴らしい監督がいて、素晴らしい仕事をしている。タフな試合になるだろう。相手には、チャンピオンズリーグのファイナリストであるトッテナムと対戦する大きなモチベーションがある。もちろん、ヨーロッパで最高のスタジアムである私たちの見事なスタジアム、私たちは対戦相手にとって目標となるだろう。ちょうど以前に私たちの対戦相手がウェンブリーでプレーしたときのように、大きなモチベーションになるのだ。私たちの様々な点でバランスを整える必要があるが、他のすべてのプレミアリーグの試合と同様に厳しい試合になると予想しているよ。

選手に期待していることは?

もっともっと期待してるよ。快適にプレーし、自由にプレーして、ミスを恐れないことだ。私たちがパレスと戦ったときと同じエネルギーを選手たちが披露するのが見たいね。もちろん、私たちが望んでいる3ポイントの獲得を達成するために、試合中に良い雰囲気を作ることができることを願ってるよ。


スパーズの不協和音を唱える批評家への言葉は?

前に言ったことを繰り返すよ。私はすべての意見を尊重しているし、もしコルチェスターに負けたら、評論家だけでなくファンだって心配するのは普通のことだ。コルチェスターに負けたんだ!それは当然だよ。チームに何かがあったのではないかと心配するだろう。しかし、このような状況を受け入れる必要がある。5年前はこれと同じかそれ以下だった。私たちがこのクラブにやってきたとき、トッテナムはチャンピオンズリーグの決勝に到達したことがなく、トップ4の候補でもなかったんだ。今、トッテナムを別のレベルにあるが、その分、期待は大きいし、もちろんコルチェスター戦のたったの1試合に勝てなければ、評論家や周りの人たちから高い評価を得ることなどできない。当然だよ。

チームが直面している最大の問題は?

これまでとは異なる状況にチームは直面しているんだ。私たちは、ハードワークで乗り切らなければならない。それが私たちの責任だ。攻撃のかたちやポゼションで評価すると、私たちは昨シーズンより良いと思う。しかし、ボールを持っていない時に、私たちはもっと一貫性を持たなければならないと思っている。それが問題なんだ。私たちは組織としてもっと強くプレスを掛けなければならない。私たちはボールを持っていないときからもっと強くなる必要がある。確かにポゼションが上がり、昨シーズンよりも優位に立っている。

私は何人かの選手と話したよ…。仲間うちで4対4や5対5のボール回しをしているようなもので、誰もゴールを目指していない。5分ごとにローテーションでやっているようなものだ。ボールを持っていたいが、相手のボールを追いかけ回して取り返すのは大変なことだ。それでバランスを崩してしまっているのだろう。私たちは、以前よりボールを持ちたがっている。私たちはよりゲームを支配して、より多くのチャンスを作り、より多くのシュートを打っているが、試合には別の部分がある。それはボールを持っていないときなんだ。皆が団結して、同じイメージを共有し、ボールを取り戻そうとする意志だよ。私たちには、この部分の組織としての意識が少し落ちていると思う。

これが全体に影響している。相手がゴールを決めると必ずキーパーやセンターバック、サイドバック、ホールディング・ミッドフィールドの順にやり玉に挙げられるが、もんだいはそこじゃないんだ。これは選手の能力やポジショニングの話ではない。ボールを持っている時と持っていない時に、同じイメージにいて同じプレーをするという、この攻撃への切り替えのための意志なんだ。私にとって、私たちが直さなければならないキーポイントだね。それがチームの問題だよ。私たちがこれまでリードしてきたのに負けてしまったのは、私たちがもっと冷酷で、より強靭で、より攻撃的である必要があったからだ。試合に負けそうになったときこそ、前に仕掛けて冷静さを保つ必要があるんだ。

Tottenham Hotspur