/マウリシオ・ポチェッティーノ:トリッピアとアルデルヴァイレルトを外した理由(わけ)

マウリシオ・ポチェッティーノ:トリッピアとアルデルヴァイレルトを外した理由(わけ)

キーラン・トリッピアとトビー・アルデルヴァイレルトをイタリアでのインテル・ミラノ戦の遠征メンバーから外した理由について、ついにポチェッティーノが明かした。

 

重要なチャンピオンズリーグ初戦、インテル・ミラノを相手にトッテナムが終盤の2失点で敗れたこともあって、トビー・アルデルヴァイレルトとキーラン・トリッピアの話題はひっきりなしに繰り返されていた。しかし、週末のブライトン戦で2人は戻ってきそうだ。

スパーズのボスは、サンシーロで2-1の敗北した試合の前後に2人のディフェンダーに関する質問を受けて過敏に反応を示していた。試合前には、「戦術的な理由」と説いていたが、試合後にジャーナリストがアルデルヴァイレルトとトリッピアに関する質問をすると、「替わって出場した選手への敬意を欠いている」とジャーナリストを非難した。

しかし、週末のプレミアリーグを前に、トッテナムの指揮官はトリッピアとアルデルヴァイレルトに入念なケアが必要な理由について説明をした。

「試合の前と後に皆さんがキーラン・トリッピアやトビー・アルデルヴァイレルトといった招集されなかった選手について質問を受けたが、ワールドカップやインターナショナル・ブレイクの後だ。(アシスタントコーチのヘスス・ペレスを指差し)ねぇ…。何回、キーランに質問をした?キーランは疲れてたからか、違うよね?」

「インターナショナル・ブレイクの後、多めに回復のための時間を取ったんだ。リバプール戦で良い状態でプレーできるに違いないと思ってね。あまりトレーニングを行わなかった。休養と回復を優先したんだ。もちろん、リバプールとの対戦となれば、タフになるからね。90分間の試合を3日毎にこなしていくんだ。それも相手は高いレベルのチームばかりで、とても優れた選手と対峙する。リスクが大きかったんだよ」