/マウリシオ・ポチェッティーノ:エバートン戦を控えての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:エバートン戦を控えての記者会見(動画付)

ポチェッティーノの記者会見:未来構想、フェルトンゲン、ソンの異議申立て、ケインなど。エバートンとのプレミアリーグ最終節を控えてのマウリシオ・ポチェッティーノ監督のコメント全文。

 

 

この36時間はどうだった?

私たちは今、夢を見ている。現実に戻ってくるのが難しいんだ。日曜は私たちにとって重要な日なので、戦いの雰囲気を作り出すのは私たちの責任だ。準備を万全にするのが最優先だね。今一番大切なのは、ファンの前でしっかりとチーム状態を仕上げることだ。もちろん、あれは素晴らしい瞬間だったし、この5年間、私たちが一緒に過ごしてきた時間の中で最高のものの一つだよ。水曜日に達成したことを頭から抜き出すのは難しく、それはよく知っているが、私たちの責務はチームの準備を整えること。私たちは良いポジションにいて、ほぼ決めているがまだ終わってはいない。試合に挑み、あらゆるエネルギーを注いで戦い、抜かり無く戦い切ることは、マドリッドでのリバプールとのチャンピオンズリーグ・ファイナルに備えるための大きな後押しになるだろう。

 

最終節でチェルシーの上を目指すか?それとも得失点差で4位確保を狙っているか?

私たちがうまくシーズンをやり遂げるための大きな機会だ。もちろん4位より3位で終えたいが、目標はトップ4で終えることで、ほぼ決まっているがもう1試合ある。エバートンには勢いと非常な競争力があり、シーズン終盤でとても調子を上げている。彼らにはとても良い選手がいて、彼らがここに来て競争力を上げているのは当然だよ。彼らには準備のための一週間があった。私たちは気を散らさずにこのゲームに集中する必要があるね。

 

8ゴールの得失点の差は十分か?

フットボールでは、どんなことでも起こりうる。信念がすべてだ。私たちは日曜日に勝つ必要があると信じなければならない。私たちの目標は3位になることだ。私たちはそのような姿勢で試合に臨み、そこで起こる状況に立ち向かう必要がある。最も重要なのは、自分が感じ、勝利のために最善を尽くさなければならないという責任だ。あまり考えすぎないで、しっかりプレーしてシーズンを終えることだけを考えるよ。

 

4チームがヨーロッパ戦のファイナル戦に出場するが、イングランドのフットボールにとって朗報か?

ヨーロッパリーグとチャンピオンズリーグのタイトルをイングランドの4つのクラブが戦うことは、私たちにとってとても良いニュースだ。プレミアリーグの競争力を見せているよ。プレミアリーグが世界最高かと言われれば、私たちと同じで皆が同じ気持ちでいるのは明らかだね。これはイングランドのフットボールにとって良いニュースであり、これからのチャレンジは、将来的にも今シーズンと同じ高いパフォーマンスを維持することだね。