/マウリシオ・ポチェッティーノ:ブライトン戦を控えての記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:ブライトン戦を控えての記者会見

火曜日の夜の試合の後だけにアメックス・スタジアムでのチームトークは簡単か? それとも難しいか?

違うよ。どのチームも、勝つし負けるし引き分けることもあって、状況によって話す内容は異なるんだ。フットボールはダイナミックなんだ。常に変化し、時間は思い通りに進んでくれない。常に先に進み続け、選手たちのモチベーションを高める異なる方法を見つけ、別の方法でプレーし、別のシステムを使って柔軟になる必要があるんだ。最終的には、フットボールではいつものように勝った方が正しいんだ。勝たなければ、負けを正当化することはできない。そして、火曜日のように勝てないときは、そのようなるんだよ。

ここで新たなドラマを生んで代表戦に入らないように、チーム内のリーダーたちを頼っているか?

私にとって、いつだってチームという組織なんだよ。一部の選手が他の選手より多くプレーするのは当然のことだ。選択次第だからね。勝ち続けるためにはチーム全体の戦力が必要だ。ダイナミズムを変えていくには、チーム戦力が必要なんだよ。私たちのプランはいつだってチームにとって最適な決定をすることにある。ここ2試合を連続でプレーした選手の中には、10人で60分間の過酷な環境下でプレーした選手もいるし、明日は土曜日と火曜日の連戦の後なので温存する選手がいるかもしれない。いつも同じだ。勝つことがすべてだよ。

チームの評価と知識に基づいて私は決定を下している。私たちが勝てば、あなたもポジティブになるだろう。もし私たちが勝てなかったら、あなたは何と言うつもりか。「素晴らしい」とは言わないだろうね。あなたは自分の意見を述べ続けるだろう。相手チームを尊重し、ベストな方法で競い合うことは間違いない。ブライトンはタフなチームだ。私たちは屈強に挑む必要があり、クオリティを示す必要がある。それが必要なんだ。誰にとっても最高の薬になるだろうからね。

ニューカッスル戦の後と火曜日の夜の気分を比べて…

全然違うよ。比較できるものは何もないね。シーズン最終戦の負けだって他と比較することはできない。状況が違うんだ。バイエルン戦での負けは受け入れがたいものだった。私たちは本当によく戦ったし、ヨーロッパで最高のチームの1つと戦っていたのだからね。

前半をプレーした私たちの試合へのアプローチ。その前半の最後のアクションで2-1にされてしまったが、ハーフタイムの時点で誰も後半に起こることを予想しなかったよ。短時間でいくつかのゴールを決められ、83分から88分の間にさらに3つの失点をしてしまった。あれで状況が狂ってしまったんだ。おかげで、誰もが自分の意見を自由に言い合うようになったんだね。私はそれを受け入れるよ。この業界でプロとしてのキャリアを送るときには、冷静になり、すべてがコントロールされていることを示し、謙虚になって、トップにいるときも下位にいるときも同じ尊厳を持って振る舞う必要があるんだ。

あなた方の前ではその姿勢を変えるつもりはない。バイエルン・ミュンヘンに7-2で負けた後だが、チャンピオンズリーグのファイナルだろうと明日の試合だろうと同様さ。私のアプローチの方法は変わらないよ。

誰が右サイドバックでプレーするか?

いくつかの選択肢があるが、ムサはサウサンプトンとの試合の60分間、ブファルやレドモンドのようなタフな選手とマッチアップしてとても良いパフォーマンスだったと思うよ。彼は非常によくやったので、その選択肢は他の選手よりも大きいと少し思っているね。

Tottenham Hotspur