/マウリシオ・ポチェッティーノ:ワトフォード戦の後の記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:ワトフォード戦の後の記者会見

もし結果が改善されなければ、1月の移籍マーケットでの考えは変わるか?

あなたはいろいろと推測しているが、ここ数ヶ月、私はあなたからそれぞれの記者会見の場で多くの質問を受け、私は常にはっきりとあなたに答えてきた。今回はイエスでもノーでもない。新戦力を補強するとかしないとか、売るとか売らないとか言っているわけではないんだ。

今は話す時ではないね。時が来たら、私たちは何らかの方法でその決定をするつもりだ。しかし、私の発言や記者会見でのコメントは矛盾していないことを理解して欲しい。今こそ、スタッフやファンとともに、チームの全員が一丸となって、雰囲気を変えようとする時なんだ。

今、1月について話すことは何の利益も得られない。まだ遠すぎるよ。これから試合がたくさんある。何かをする必要がある場合には、クラブがそれを決めるような体制になっている。もし私たちが今のチーム戦力で続けなければならないのなら、私はチーム戦力に満足している。私は選手たちに満足しているよ。

いつものことだが、1月に何が起こるかについて、私は今日ここで予想できない。私たちは責任を取る必要がある。しかし、もし私たちがすべての試合に勝ったら、私たちは何かをする必要は無くなるだろう。それでも何かをする必要があるなら、私たちは動く必要がある。しかし、私たちは冷静に動かなければならない。今、最も重要なことは選手たちに冷静さを与えることだ。選手たちは火曜日に向けて回復する必要がある。なぜなら、選手たちが勝利し、再び自信を築くことが重要だからだ。チャンピオンズリーグはいつもタフなので、今回もタフになるだろう。

Amazonのドキュメンタリーでカメラに追われているのはどうか?

今、それを話す時間だと思うか? 私は、この状況を変えることに全力を尽くし、そのことだけに集中している。トッテナムと監督である私についてのドキュメンタリーを撮るというクラブの決定であり、クラブが望むことをし、クラブを助けるために、私は最善を尽くす必要がある。

Tottenham Hotspur