/マウリシオ・ポチェッティーノ:トランメア戦(FAカップ)を控えての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:トランメア戦(FAカップ)を控えての記者会見(動画付)

ポチェッティーノの記者会見:エリクセンとデンベレの契約、ジョレンテ、移籍関連情報ほか。FAカップのトランメア戦を控えての記者会見でのマウリシオ・ポチェッティーノのコメント全文。

 

 

 

今夜、シティ対リバプールだが理想の結果は?

我々は試合を楽しませてもらうよ。前にも言ったが、中立的な立場で試合を楽しませてもらう。どうなろうとも我々は近い位置にいるさ。それでも私は今夜の試合を楽しむつもりだよ。

 

本当に中立的か?

私がその試合に何かしらの影響を与えることはできないからね。

 

リバプールとの勝ち点差が9ポイントになるのを望むのか?

でも、私にはどうしようもないことだ。そうなっても苦しむことはないよ。私は試合を楽しむことに専念するし、私にはどうしようもない。なるようにしかならないんだ。リバプールが勝っても、シティが勝っても、引き分けでも。どうなってもOKさ。問題ない。我々は我々のことに集中するのみだ。

 

リバプールが勝っても追いつける?

今夜、彼らが勝利に相応しく、我々との勝ち点差が9ポイントになれば、彼らがそれほどに優れ、その順位に相応しいということだ。前回の記者会見でも言ったが、真のタイトル候補はマンチェスター・シティとリバプールだ。我々もその位置にいるがそれ相応の戦いをしているからだ。しかし、我々はシーズン終盤にもこの位置に留まるためには、もっと安定感を見せなければならない。シーズンを通して安定した戦いができれば、我々もタイトルを争えるだろうが、リバプールとマンテスター・シティの方が我々よりも現実的な候補だろう。