/マウリシオ・ポチェッティーノ:PSVアイントホーフェン戦に向けての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:PSVアイントホーフェン戦に向けての記者会見(動画付)

 

ウーゴ・ロリスに替わってゴールを守るのは?

3つのオプションがある。ミシェル・フォルム、パウロ・ガッザニーガ、アルフィー・ホワイトマンだ。誰を使うかはまだ決めていない。だが、3人のうちの誰だということは確かだ。誰もが三分の一の可能性があるんだ!

 

 

これまではフォルムが控えGKだと思っていたが変わったのか?

ここ数週間で何が起こったかだよ。個人的には、いつもシーズンの初めにキーパーについて話しをして、公正なセレクションをしている。体調やパフォーマンスについて話しをする。それで、私はいつもチームにとって助けとなる選手を選んでいるよ。私の頭の中では、1人ではなく、2人、3人なんだ。

 

これまでは?

それはあなたが、私のラインアップについてそう思っているんだ。私にとっては誰もナンバー・ワンでもナンバー・ツーでもナンバー・スリーでもない。フットボールは流動的なものだ。多くのことが変更するんだ。常にどの選手にとっても公正な選択をしている。

 

あなたが今シーズン直面した問題の数々を我々はリストアップしているがどう思う?

そうだね。今シーズンはちょっとおかしなシーズンだ。でも、私はハッピーだよ。『ハウス・オブ・カード』(BBCで放映中の政治スリラー。英国ではオンデマンドで視聴可能)の新シリーズが始まったからね。昨日3話分を観たよ。お勧めするね。時として実際の我々の姿をとてもよく映し出していると思うよ。フットボールはとても政治的になることがあるんだ。このドラマのような感じでね。

 

そのドラマのなかで、あなたの役柄は?

どの人物かって?どうだろうね。難しいよ。誰だとか彼だとか言うのは危ないね。これはフィクションだ。でも、私が何か言ったら、それは色んな意味で現実の出来事に翻訳されてしまうだろう。