/マウリシオ・ポチェッティーノ:チェルシー戦(カラバオ・カップ)を控えての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:チェルシー戦(カラバオ・カップ)を控えての記者会見(動画付)

 

トビー・アルデルヴァイレルトの契約延長オプションを行使したが、その先も彼はクラブに残る?

数週間前と変わってないよ。これから我々は一戦一戦に集中していくんだ。トビーもそうだし、デンベレやフェルトンゲンといった他の選手もそうだが、状況はハッキリしているし、これからどうなるかを見守っていくよ。今は、クラブが今シーズンの戦いに専念している状況なんだよ。

 

次のユナイテッド戦がこのチェルシー戦のチーム選考に影響する?

FAカップもこのカラバオ・カップでも我々は挑戦するし、勝利を目指していく。いつだってトッテナムが戦う時にはそれが私の心にある。相手がどこだろうと関係ないね。我々のチーム戦力には素晴らしいクオリティが備わっている。強力なチーム戦力がね。どことの試合を控えているからというのは関係ない。明日の試合にかつ責任がある。ファーストレグで勝つためにベストは先発メンバーを組むよ。

 

これまでのスパーズ対チェルシーの試合ではどれが一番楽しめた?

負けた試合は楽しめっこないからね。タイトル争いに敗れた時の引き分けだっった試合は楽しめたよ。凄まじいバトルだった。我々とチェルシーとで壮絶な戦いをひり広げたが、我々のキャラクターと感情が出ていた。我々はメンタリティを抑えることができなかったね。我々チームの成長を考える時、クオリティの高い選手を補強するだけじゃなく、やんちゃぶりを発揮することも重要だ。我々はとても良いチームだし、あの試合では我々が少しばかり…。タイトルを獲りたければ安定した強さが必要で、優れたクオリティで良いプレーをするだけではなく、そのようなタフな試合での競争力が必要になる。終わってみればあのレベルのアグレッシブさを維持するのは大変だった。おそらく我々は限度を超えていたが、1歩どころか2歩か3歩は後退した。この3〜4年で我々はすべての人が観て楽しめるチームだったが、もう少しやんちゃぶりを発揮したり、ずる賢いたち回りについてはまだ我々に欠けている。これからチェルシーとの対戦があるし、残り数ヶ月間で我々がこれまでよりも競争力をつけていることを証明できるよ。