/マウリシオ・ポチェッティーノ:ワトフォード戦の後の記者会見、デレ・アリへの配慮(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:ワトフォード戦の後の記者会見、デレ・アリへの配慮(動画付)

ポチェッティーノの記者会見:ガッザーニガ、デレ・アリ、ファン、そしてオーリエの負傷について。スタジアムMKでPK戦によってカラバオ・カップのワトフォード戦で勝利を飾った後のマウリシオ・ポチェッティーノの発言の全て。

 

 

あなたは「デレ・アリはミルトン・キーンズの王様」と言っていたがそれが証明された?

選手入場口にはられた写真の数々がそれを示しているよ。彼にとってエキサイティングだろうね。まず何より、我々のファンに感謝の気持ちを伝えたい。選手たちやスタッフ、クラブに代わって、私からファンの皆さんがここを訪れ、サポートしてくれたことに感謝を伝えなければいけないよ。本当に大変な思いをさせてしまった。このクラブの監督である私から、感謝の気持ちを伝えることが大切だからね。本当にどうもありがとう。そして、ミルトン・キーンズの街の皆さんやクラブ(MKドンズ)にも感謝したい。我々をとても温かく迎え入れてくれた。記者会見が始まる前にもサポートしてくれたし、このような扱いを受けたのなら感謝の気持ちを伝えるべきだよね。もちろん、街の皆さんもそうだが、クラブもファンタスティックだったよ。

 

また次のラウンドもここ(スタジアムMK)に戻ってくる?

どうだろうね。まず、組合せがどうなるかを見てみよう。次のラウンドに進むことが目標だったので、もちろん我々はハッピーだ。PK戦になったが、ブライトン戦に続けて良い結果を出せて嬉しいね。イエス。ハッピーだ。別の大会でまた勝利できたわけだからね。8試合を戦って、うち6試合がプレミアリーグで、カラバオ・カップとチャンピオンズリーグを1試合ずつ。6試合がアウェイで2試合がウェンブリー、土曜日にはハダーズフィールドだ。我々がファンと共にクラブのためにファンタスティックなことをしていると、私から皆さんに、皆さんからファンに伝えることが大切だね。

 

今週、PKの練習はしていた?

いつもやっているよ。だが毎週、我々はプレミアリーグかチャンピオンズリーグを戦っているが、やっていることは変わらない。今日のようにPK戦まで進むことがあるカラバオ・カップに向けての練習ではなく、いつものことだ。毎週、1日はシュートの練習に費やしている。。ペナルティの練習は、ゴールキーパーにとっても大事だからね。もちろん、特別なことじゃないんだ。この大会を戦っているんだからね。

 

キャプテンを任せたデレ・アリは期待に応えた?

この場所、このミルトン・キーンズの街でプレーすることは彼にとってエキサイティングなことだと思い、彼にキャプテン・マークを託したんだ。今後のキャリアでまたここでプレーすることになるかは分からないからね。今日、彼には英気十分で臨んでもらいたかった。ただプレーするだけじゃなく、良い気持ちでやって欲しかったんだ。トッテナムのキャプテンである彼の写真をクラブ(MKドンズ)が撮っただろう。ミルトン・キーンズのユニフォームを着た彼の写真が飾られているのをスタジアムの中でいっぱい見かけたからね。彼自身がとても誇らしいだろうね。彼にとって素晴らしいことだ。私の配慮を彼は受け止めてくれたことを願うよ。