/FA:バーンリー戦の言動によりマウリシオ・ポチェッティーノに処分を提起

FA:バーンリー戦の言動によりマウリシオ・ポチェッティーノに処分を提起

バーンリー戦を受けてマウリシオ・ポチェッティーノに処分を提起することをFA(イングランド・フットボール協会)は発表している。

 

2019年2月23日(土)のバーンリー戦でFAの規則E3に2度の違反をしたマウリシオ・ポチェッティーノに今回の処分が提起されている。

試合終了後のトッテナム・ホットスパーの監督によりピッチ内およびピッチ周辺での言葉遣いと行動が不適切であるとの申し立てとなる。

ポチェッティーノは2019年2月28日の英国時間18時までに今回の処分の提起への異議の申し立てができる。