/マウリシオ・ポチェッティーノ:サウサンプトン戦を控えての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:サウサンプトン戦を控えての記者会見(動画付)

 

他のプレミアリーグの監督とは処遇が異なる?

他の事例について話したくはない。私のことについて話したいんだ。私のことと他とを比べたくはない。他の監督の状況について話したくはないし、それは私だって他の監督に私の状況について言われたくないのと同じだよ。ただ私が言いたいのは、この処分がまったくアンフェアだってことだ。

 

ラルフ・ハッセンヒュッテルのサウサンプトンでの仕事ぶりは?

サウサンプトンがとても良いかたちでシーズンを終えてくれることを私は願っているよ。彼は本当に良い仕事をしてるし、サウサンプトンはとても良い選手が揃っていて優れたチームだ。もちろん、私がクラブを去ったことで多くの人が失望しているだろうし、私のことを許してくれないだろう。しかし、私は今でも彼らのクラブを愛している。多くのがそのような愛着を抱くようにね。私はサウサンプトンを愛してる。私にとってそこで過ごした1年半は、素晴らしい経験だったし、大いに楽しませてもらったんだ。

なぜ私がクラブを去ったかについては説明が困難で理解が難しいだろういくつかの事情がある。去ることになった時、私は大いに涙を流したし、私の家族もそうだ。私の人生のなかで、そこで家族と過ごした時間は最も重要な期間の一つだし、みんなとても幸せだった。だからこそ、別れは辛かったんだ。もちろん、私が去ったことを批判する人もいるだろうが、状況によっては人生を変える必要だってあるし、その状況から動き出さなきゃいけない時もあるんだ。説明はできないが、今でも彼らを愛している。もちろん、土曜日は彼らを倒したいが、彼らの幸運を願っているよ。

 

今シーズンのアウェイでの戦績が良いが誇らしいか?

選手たちのキャラクターを示しているし、試合に向けて取り組むしせいがここ数年で改善しているということだ。私はとても誇らしく思うよ。メンタリティはアメージングだ。ウェンブリーでの状況が大いに助けになっている。チャンピオンズリーグや18ヶ月前にヨーロッパリーグをウェンブリーで戦った時、我々はメンタリティの構築を始めたんだ。それがこれまでより強靭な我々を作り上げた。ウェンブリーのようなスタジアムに適応していくことは困難だったが、それでも我々は素晴らしいステップアップを見せた。とてもタフだったよ。ウェンブリーが我々のメンタリティを鍛え上げてくれた。それが大きいんだ。おそらく、すべてが逆境かのように思える環境のなかで鍛え抜かれるというのはタフだったね。