/マウリシオ・ポチェッティーノ:サウサンプトン戦の後の記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:サウサンプトン戦の後の記者会見(動画付)

ポチェッティーノの記者会見:敗戦、傲慢、スパーズの真のレベル、トップ4争いなど。マウリシオ・ポチェッティーノが2-1の敗戦の後に語った全コメント。

 

 

この敗戦への率直な思いは?

皆さんや我々のファンと同じだよ。後半の展開は理解するのが難しい。我々の後半の入り方や、サウサンプトンに自信を与えてしまった流れがね。私はとてもガッカリだよ。

プレミアリーグのこのレベルでの戦いは難しすぎるよ。相手より遥かに良いチームで45分の間多くのチャンスを作り出して試合を支配していた。なぜそれまでのやり方を変えたのか分からないね。当然この結果は受け入れがたいよ。これに関しては悩みの種だ。

 

元ディフェンダーとして、後半のスパーズの守備について思うことは?

ノー。フットボールは組織の競技であり、メンタリティが重要だ。スピリットは組織のなかで生まれるものだ。良いプレーをしていれば、ピッチの上の11人とベンチの7人が同じレベルとエネルギーで繋がっているということなんだ。もちろん、45分を経過してから勢いを失ってたら、後半は勢いを導入して試合を決めることが必要だ。

試合を優位に進めるために時間を使う必要があった試合だ。OK、相手はほとんど何もできていなかったし、戦うことができなかった。プレミアリーグの残留を争っているチームだ。我々は試合を決め、勝利に持ち込むアグレッシブさやハングリーさを欠いていたと思うよ。

私自身にも、そしてもちろんチームに対しても批判的に見ているよ。真のタイトル候補となりたければ、またはトップ4入りを決めて大きな戦果をあげたければ、この地にチャンピオンズリーグのクウォーターファイナルに決めたことを傲慢な姿勢で示すことなどできないだろう。前半のようなプレーを後半も続けていいなければね。しかし、我々の後半のプレーは…。前半はクウォーターファイナルのようなプレーができていた。ヨーロッパのベスト8に相応しい戦いがね。だが、後半は見直してみる必要があるよ。批判的な視点でね。

ここでしっかりとしたパフォーマンスができず、後半のようなその真逆のパフォーマンスをしてしまった。分析し、その状況を説明するのはとても大変だよ。私はとてもガッカリしている。これから3週間の試合がない期間を控えているのがまたより悪い自体だ。今日の感情を取り払うのは困難だろうね。