/マウリシオ・ポチェッティーノ、マンチェスター・シティ戦の前の記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ、マンチェスター・シティ戦の前の記者会見(動画付)

 

ポチェッティーノの記者会見:トビー・アルデルヴァイレルト、ハリー・ウィンクス、ダニー・ローズの負傷や、ハリー・ケインのゴールについて。プレミアリーグのマンチェスター・シティ戦を前にした記者会見でのマウリシオ・ポチェッティーノのコメント全文。

 

 

ハリー・ウィクスの故障は今の懸念となっている?

私はそう思うよ。彼はリハビリでカタールにいる。どうなるだろうね。このあと回復してトレーニングに戻って来てくれることを望んでいるけどね。もちろん、彼の状況については多少心配しているし、回復している。今は様子を見てどうなるかだね。もちろんよくなることを期待しているよ。

 

今シーズンは再びプレーできそうにないか?

どうなるかな?今は何とも言えないよ。他の場合と同じに、彼がどれだけフットボールの感覚を取り戻せるかだね。出来るだけ早く復帰してチームに留まって欲しいと思うよ。再び良い気分で練習して欲しいね。若いうちは頭で考えることや、気の持ちようをコントロールすることは難しいが、皆少しでも助けになろうとしている。スタッフや周りの人たちはね。選手が抱えている問題を解決して再び楽しんでフットボールをできるようにね。どんな選手でもそうして欲しいものだろう。

 

ケインのゴールと認められた。チーム内で議論はあったか?

正直、何も話さなかったよ。確かに試合後にハリーは「娘の名に懸けて、ボールに肩で触れた」と言ったがね。彼はクリスチャンと話した。本当に誠実な人柄なんだ。こういう状況で偽るような人間じゃない。でも、そんなに大問題じゃないね。チームにとっては重大事ではないよ。

 

 

指揮官としてのあなたの見解は?

得点になったかどうかしか気にしないよ。3ポイントに関わるからね。だが、その後の状況は選手個人やクラブの考えによるね。クリスチャンが2得点してもケインやソンやアリが決めてもハッピーだよ。誰がゴールを決めたかは気にしない。3ポイントが大事なんだ。異議申立てはクラブの決定だ。私はその決定に関わっていない。当然、ハリーもクリスチャンも同意したと思うよ。でも、誰からもその件については聞いていない。これに関しては彼らの間での話だし、クラブがそうすべきと判断したのなら、それでいいんじゃないのかな。

 

私欲を優先しているように見えるが?

大したことじゃないよ。私が約束する。ハリーは正直者だし、いつも周りの仲間を優先している男だ。もちろん、すべてのストライカーはゴールを決めたいし、そのための資質を備えている。他のストライカーと同様にアグレッシブで意思が強い。しかし、ハリーはいつもチームやチームメイトへの献身さを発揮してくれている。試合を振り返ってもらえば分かるだろう。ボールに触れたハリーが、クリスチャンに「僕の右肩に当たったよ」と告げていた。そして試合後には2人がハッピーにしていたんだ。

ハリーは「僕のゴールだと思ってる」と言い、クリスチャンは「OK、ノーブロブレムさ」と言った。それがすべてじゃないか。でも、私は約束するよ。これは大したことじゃないんだ。クラブ内で話題にもなっていない。私から事実だけを伝えた。そしてハリーとクリスチャンが土曜日にゴールを決めることができて、みんながハッピーになれることを私は願っているよ。

 

 

トップ4争いは終わった?

フットボールの世界では、何かを成し遂げるまでは終わりということはない。我々はこのまま前進を続け、勝利を重ねていく必要があると思っているし、マンチェスター・シティ戦は重要な3ポイントが懸かっている。まだまだ終わりまでには相当な苦労を強いられるよ。チェルシーやアーセナル、それにその他のクラブも、ビッグクラブはどの試合でも勝てるからね。しっかりと勝利に集中して、ポイントを稼いでいくことだ。計算上、目標達成が確定するまではね。

しかし、それまでは終わったなんて考えてはいけない。そういったことを考え始めると、負け始めてしまうよ。フットボールではよくあることだと分かっているからね。ここ数日間、チャンピオンズリーグで何が起こっているかご存知だろう。結果がひっくり返っている。途中で試合が終わるなんてことはないんだ。フットボールは常に驚きを与えてくれるんだ。

 

シティはビッグゲームに連敗中だが、スパーズにとってこれは好機か?

イングランドで最強のチームとの対戦だ。相手は最高の評価に値するよ。最も安定しているチームだし、ファンタスティックなコーチ陣、ファンタスティックな監督、そしてもちろんファンタスティックな選手たちが揃っている。大きな称賛に値するね。最近の結果ただのアクシデントさ。リバプールに2度、ユナイテッドに1度負けたとは言え、試合を観れば彼らは光っていたね。

些細なことが試合を決め、どちらかのチームに有利に働くものだ。私にとってマンチェスター・シティとの対戦は大いなるチャレンジであり、彼らはすべてを備えた大きな称賛に値するチームさ。まだ終わってはいない。プレミアリーグの覇権争いは終わりかけているが、シティはシーズンを通じて最も安定していたチームだと言えるだろう。

 

あなたがイングランドに来てからプレミアリーグで最強のチームか?

他のチームと比べるのはフェアじゃない。毎シーズン、変わっていくものだからね。この前はチェルシーだったし、その前はレスター。そのさらに前はチェルシーで、園前はマンチェスター・シティだ。我々が来た頃、ユナイテッドがプレミアリーグの覇権を獲ろうとしていた。どのチームもプレミアリーグの王者に相応しく、最高のチームだったんだ。もちろん、今シーズンのマンチェスター・シティはファンタスティックなフットボールをしているよ。

 

 

カイル・ウォーカーが戻ってくるが、彼は歓迎されるだろうか?

もちろんだ。ファンは彼がシティ行きを決めたことにガッカリしただろう。しかし、終わってみれば人間には欲望があって、新たなチャレンジ、新たな経験、新たなモチベーションが必要なこともある。私にとって、カイルはクラブのために多くの貢献をしてくれた、我々のもとで3年間プレーした選手だ。クラブももちろん彼に多くのサポートをしたし、いろんなことをやってきた。我々やクラブと彼との関係は良好だよ。

彼は温かい歓迎を受けるに値する。愛した選手がクラブを去ることになれば、ファンは落胆するのは自然なことだ。しかし、7〜8年も在籍してくれた選手なんだから、ファンは温かく迎えるだろう。ファンは彼を愛しているはずだ。彼が去った時はガッカリしただろうが、ファンから温かい歓迎を受けるべきだよ。

 

トビー・アルデルヴァイレルトは夏に売られるのか?

小さなことからドラマを生まれることがあるんだね。14試合負け無しなのに、長く負傷離脱していた選手のことを話題にすることはないだろう。しかし、皆さんが聞きたいのなら答えるが、トビーは我々の選手であり、2年の契約が残っている。シーズンが終わるまでに、彼は必ずプレーするよ。良い感じでやっているからね。トレーニングに打ち込み、あとはそのチャンスを待つばかりだ。だが、今日の時点ではそういった状況かを話すことはない。しかし、あなたの質問を私は理解しているし、そういった質問も当然だと思う。ノー・プロブレムだ。

 

チャンピオンズリーグのクウォーターファイナルを観て、そこに立っているべきだったと自責の念を感じたか?

昨夜の試合は見応え抜群だったね。我々のこの3シーズンを通しての取り組みによって、どれほどまでのレベルに登りつめているかを示していたからだよ。このレベルを維持し、さらに上達していくために、ハードワークを続けていかないといけないね。しかし、ユベントスがレアル・マドリーを圧倒していたことには大きな満足感を得たよ。フットボールは時に些細なことで結果が決まる。1つのPKが試合を決めたりね。私にとって大きな満足感だった。これらのヨーロッパの強豪たちと我々は渡り合ったんだからね。この経験を成長に生かさないとね。経験を積んだ選手たちも、これらのチームと渡り合えるまでに成長できると信じているはずだよ。

 

 

チャンピオンズリーグから学んだと?

我々は常に学んでいる。それが我々の精神であり、みんなで学んでいくんだ。コーチだけじゃなく選手、スタッフ、クラブが一丸となってね。

 

マン・シティを倒して、その実力を誇示できる?

1つの結果だけで、我々の実力を決めつけることはできないよ。我々はすでに戦えるだけの実力を示している。シーズンを通じてその力を出し続けること。今のマンチェスター・シティのような、最高のチームのようになることだ。我々は戦えることを見せつけなければならない。

フットボールでは90分間で勝利か負けかが決するが、それよりもシーズンを通して安定して結果を出し、パフォーマンスを続けることが必要だ。タイトルを獲るためには、安定して実力を発揮しなければならないからね。

もちろん、マン・シティとの間にある差は大きい。我々はトップ4を争っていて、それを3シーズン連続で成し遂げることがトッテナムにとっては大きな功績になる。タイトルを獲得すると言う大きな志を持つことは大切で、いつかプレミアリーグやチャンピオンズリーグを制したい。

 

デブライネ対エリクセン、プレミアリーグで最高のミッドフィルダー対決か?

2人ともファンタスティックだね。ベストかどうかは分からないが、トップ5を選ぶとすれば、どの監督も、どのフットボール関係者も、2人を選ぶだろうね。

 

 

デブライネは5500万ポンドだったが、エリクセンの価値は?

マーケット次第だからね。マーケットは私がコントロールできるものではない。あまり良くわからないしね。私の上司に聞いてくれよ。

 

ダニー・ローズの負傷の状態は?

脹脛(ふくらはぎ)に軽い負傷だ。昨日、スキャン検査を受けているが、火曜日には間に合うと思っている。大きな問題ではないと信じているよ。

2019年のカレンダー(スパーズ公式)