/マウリシオ・ポチェッティーノ:PSVアイントホーフェン戦の後の記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:PSVアイントホーフェン戦の後の記者会見(動画付)

 

ルーカス・モウラの交代時にファンがブーイングをしていたが?

理解はしているよ。ここに来てもうすぐで5年になるが、ファンの皆さんが私に批判的であり異論を示したのはこれが初めてだが、2-1で終わったよね?(笑)

決断を下すのはいつだって難しいんだ。ファンががっかりだったのは分かる。負けている時には、ストライカーを9人でも10人でも並べたいと思うのだろう。

しかし、我々は解決の糸口を見つけたかった。その解決策がフェルナンド・ジョレンテを入れることで、ジョレンテがいたからこそ、ハリー・ケインが生まれたし、トリッピアが入ったサイドバックが高い位置に上がれるようになった。異なるプレーの仕方を見出すことに繋がったんだ。「おぉ、ポチェッティーノにはプランBもプランCも無いのか」と言われるが、異なるプランを持つのは大事なことだし、今日のようにゴールに向かう異なるアプローチを持っていれば良いことだよ。

しかし、ファンに対して私から苦言を呈すことは無いよ。彼らには感謝しているし、あのリアクションは理解している。私がスタンドから観戦していても、おそらく同じように振る舞っただろう。それでも私はハッピーだ。私から言えるのは、「今日もウェンブリーに来て、チームをサポートしてくれてありがとう」という感謝の思いだよ。我々からはこれ以上を求められないさ。

 

今回の逆転劇がインテル戦、バルセロナ戦に向けて選手たちの自信に繋がるか?

イエス。ここからの2試合はそうなるよ。もしインテル・ミラノに勝つことができれば、我々は7ポイントで彼らと並ぶ。残り1試合でどんなことでも起こりうるよ。もしもバルセロナが次のステージへの勝ち抜けを決めてるかどうかを知って、我々はバルセロナに乗り込み、勝利を目指すことになる。

我々の信念は強いね。私が楽観的なのは皆さんもご存知だろう。これから土曜日の試合に集中するよ。もちろん、チャンピオンズリーグではインテル・ミラノ戦に集中するけど、我々は(前回の試合で)勝利に迫り、ミラノでより良い結果が相応しかったんだ。彼らよりも良いプレーをしていたし、少しアンラッキーだったんだが、我々は彼らを倒せる。私はとても楽観的だ。彼らを倒すことできれば、次のステージに進める確率は高まるよ。

 

そういった相手とも渡り合えるレベルにある? まだ成長が必要か?

あなたが私のことをどう思っているか分からないが、チームのパフォーマンスには失望しているといつも私は言っているんだ。いつも私は「もっともっとやれる」と思っている。パーフェクトに近いプレーをした時でも、駄目なところは何かしらある。成長、成長だよ。我々は成長しないといけないと思うが、チームは様々な環境に置かれ、時に成長するのが難しくなることもあるんだ。それでも私は楽観的だし、我々が戦い切れると信じている。まずは何よりもインテル・ミラノ戦だ。最高の形で勝利を目指すよ。