/この夏にトッテナムが放出する可能性がある5人の外国人選手

この夏にトッテナムが放出する可能性がある5人の外国人選手

今夏の移籍マーケットで新たな戦力を補強しようと動いているトッテナム・ホットスパーは、お馴染みの問題に直面している。

今週には成立するはずのピエール・エミール・ホイヴィアの移籍は、ジョゼ・モウリーニョがこの夏に望んでいるチーム変革の最初の一手になる。

このデンマーク人の到着により、トッテナムはヨーロッパの大会での外国人選手の登録枠の上限である17人が埋まることになる。

プレミアリーグのチームにはあと1人の外国人選手の登録枠が残っているが、それはウェールズ人のベン・デイビスがイングランドではホームグロウンとして扱われているが、UEFAのルールではホームグロウンでは扱われていないからだ。

football.londonによると、スパーズはホイヴィアを獲得した後、外国人選手の登録枠の問題を回避するために、そこからは「放出してから補強」という移籍マーケットでの動きをすることになる。

トッテナムは補強資金を調達するためにダニー・ローズやカイル・ウォーカー・ピータースのような選手を売却しようとしている。後者はサウサンプトンへの移籍が迫っているが、ノースロンドンのクラブが新たに外国人選手を連れてくるためには、現在スパーズに所属する外国人選手を放出する必要がある。

今回は、新たな補強のための登録枠を空けるために、トッテナムから移籍する可能性がある5人の外国人選手を紹介する。