/ムサ・デンベレを踏襲するピエール・エミール・ホイヴィアの3つのクオリティ

ムサ・デンベレを踏襲するピエール・エミール・ホイヴィアの3つのクオリティ

ピエール・エミール・ホイヴィアは、間もなくトッテナムでのジョゼ・モウリーニョの夏の補強の第一号になるようだ。

月曜日にメディカル検査を受けたデンマーク人は、サウサンプトンで4年間の優れたパフォーマンスを続けた後にノースロンドンのクラブとの長期契約にサインするとみられている。

確かにそのリーダーシップはモウリーニョにアピールすることになるだろうが、25歳のホイヴィアにはスパーズが抱える中盤のアンカーのポジションでの問題を解決することにも貢献してくれるはずだ。

ムサ・デンベレとヴィクター・ワニアマはすでに他のクラブに活躍の場を移し、エリック・ダイアーはディフェンダーとしてプレーしている。そして、ハリー・ウィンクスは中盤の底でのプレーとなるとプレーの幅が不足してしまう。

ホイヴィアはホールディング・ミッドフィルダーとしてプレーするのに必要なクオリティを持っており、モウリーニョはスパーズが次のレベルに到達するのを助けるための完璧な選手を見つけたのかもしれない。

ホイヴィアの加入をとりわけ喜んでいるスパーズのレジェンドであるギャリー・マバットは、彼が来シーズンのスパーズにもたらすであろう3つのクオリティを次のように説明している。

「素晴らしいニュースだと思うよ。今シーズンのホイヴィアには本当に感銘を受けたよ」

「彼を見ていると、ボールの扱いは巧みだし、パスのレンジも素晴らしいし、周りを囲まれても慌てふためくことはない」

「彼が同じデンマーク人のクリスチャン・エリクセンと同じくらいにスパーズに貢献してくれたら、クラブはこの上なく嬉しいだろうね」