/ホイヴィアの補強によってモウリーニョの先発イレブンはどう変わる?

ホイヴィアの補強によってモウリーニョの先発イレブンはどう変わる?

この夏のトッテナムの最初の補強は間もなく成立し、ジョゼ・モウリーニョはピエール・エミール・ホイヴィアという新たな戦力を手にするだろう。

サウサンプトンのミッドフィルダーは、予てから新シーズンに向けてノースロンドンへの移籍が有力視されていたが、その移籍が現実になりそうだ。

エバートンもこのデンマーク人の獲得を目指していたが、25歳のホイヴィアは常にスパーズを意中のクラブとしていたため、グディソン・パークへの移籍はめ可能性は低いと思われていた。

1月にステーフェン・ベルフワインとジェドソン・フェルナンデスを獲得し、トッテナムのチーム戦力を強化したモウリーニョは、これからさらにリーグ順位を上げるために、ホイヴィアがこの夏の新加入選手の第一号となる期待している。

過去1年半でムサ・デンベレとヴィクター・ワニアマが退団し、さらにエリック・ダイアーがセンターバックにポジションを移したため、スパーズはホールディング・ミッドフィルダーがかなり不足している。

しかし、ホイヴィアは過去4年間サウサンプトンでその役割を果たした実績から、スパーズの問題を解決できる戦力と見られている。

では、元バイエルン・ミュンヘンのミッドフィルダーが、スパーズとの契約書にサインをした場合、スパーズのメンバーはどのような配置になるだろうか?

モウリーニョはシーズンの最終盤でメンバーを固定し、ヨーロッパリーグの出場権を確保するために好成績を収めていた。

その間、スパーズが4-3-3か4-2-3-1のいずれかを採用し、そのシステムによってジオバニ・ロチェルソはその役割を変えていた。

来シーズンも、アタッカー陣ではソン・フンミン、ルーカス・モウラ、ハリー・ケインをサポートする役割でこのアルゼンチン人を起用することになるだろう。