/ユース時代にユナイテッドやヴィラに所属していたピエルルイジ・ゴッリーニはホームグロウンになるのか…

ユース時代にユナイテッドやヴィラに所属していたピエルルイジ・ゴッリーニはホームグロウンになるのか…

2018年にジェノアに移籍する前にアルゼンチンで育ったロメロは外国人選手枠になることから、トッテナムのファンは、若手時代にマンチェスター・ユナイテッドで過ごしたゴッリーニが実際にホームグロウン枠に分類されるかどうかを疑問視している。

プレミアリーグでもヨーロッパ大会でも、クラブは25人の登録選手枠に17人以上の外国人選手を入れてはいけないというルールがあるため、スパーズは過去にこの問題で悩み、マウリシオ・ポチェッティーノやジョゼ・モウリーニョが特定の選手を外すことを余儀なくされた。

さらに複雑なのは、プレミアリーグとヨーロッパ大会でこの登録選手枠のルールが微妙に異なることだ。ウェールズで育ったジョー・ロドンとベン・デイヴィスは、プレミアリーグではホームグロウン枠の選手に分類されるが、UEFAの大会ではそうではない。

エリック・ダイアーは、イングランド代表でありながら、スポルティングCPのユース・システムを経て、2014年に20歳でノースロンドンにやってきたため、プレミアリーグでもヨーロッパの大会でも外国人選手として分類される。

また、ヨーロッパの大会での登録選手枠のルールのもうひとつのポイントは、各クラブはAリストに少なくとも8人の「locally trained players(地元で育成された選手)」を入れなければならない。

Pierluigi Gollini has played a key role in Atalanta's rise over the past couple of seasons

「地元で育成された選手」が8人に満たない場合は、それに応じて登録選手枠の最大人数が減らされるため、実質的にはスペースを確保しなければならない。