/ユース時代にユナイテッドやヴィラに所属していたピエルルイジ・ゴッリーニはホームグロウンになるのか…

ユース時代にユナイテッドやヴィラに所属していたピエルルイジ・ゴッリーニはホームグロウンになるのか…

トッテナムは、アタランタのピエルルイジ・ゴッリーニとクリスティアン・ロメロの獲得に向けて交渉を進めているようだ。

トッテナムは、ノースロンドンに新戦力を迎えることになり、ここから移籍マーケットに活気が出てきそうだ。

今月の初めにファビオ・パラティチがトッテナムの新しいフットボール・マネージング・ディレクターに任命されたのに続き、このイタリア人は新シーズンに向けてヌーノ・エスピリト・サントのチーム戦力を強化しようとしている。

クラブはアタランタのクリスティアン・ロメロとピエルイジ・ゴッリーニの獲得に向けて交渉を進めているとFootball Londonは理解している。

トッテナムでは、センターバックが優先補強ポジションとなっているため、パラティチはアルゼンチン代表のロメロをディフェンス強化のための逸材と考えている。

スパーズはウーゴ・ロリスの長期的な後継者としてゴッリーニを獲得することで、今夏、ロリスに納得のいく獲得オファーがあれば、フランス人キャプテンの移籍の可能性も出てくるだろう。

リリーホワイツは、8月15日のマンチェスター・シティとのプレミアリーグ開幕戦までに多くの移籍を成立させたいと考えており、トッテナム・ホットスパー・スタジアムでは多くの放出が見込まれている。

パラティチは、エスピリト・サント監督が残りのプレシーズン・トレーニングの期間で起用できるように、早期に新戦力の獲得と放出を狙っている。