/PGMOLがスパーズ対ニューカッスルのPKではなかったとの判定を説明

PGMOLがスパーズ対ニューカッスルのPKではなかったとの判定を説明

スパーズにPKが与えられないというその判定は、フットボール界の話題になった。

トッテナムがニューカッスルに先制ゴールを許したことで、マウリシオ・ポチェッティーノのチームは、同点に追いつくための幸運を期待していた。

しかし、残念ながらその幸運が訪れることはなかった。

ハリー・ケインがペナルティーエリアでボールを扱っていたところで、ニューカッスルのディフェンダー、ジャマール・ラッセルズがよろめいて、イングランド代表ストライカーの前に倒れ込んだ。

その転倒にハリー・ケインは巻き込まれて地面に倒れ込み、そのプレーを見届けたトッテナム・ホットスパーのファンはPKの判定を予想した。

しかし、長い試合中断の後、審判とストックレー・パーク(プレミアリーグのVARチームの拠点)のVARチームはPKを与えない決定を下した。

プロフェッショナル・ゲーム・マッチ・オフィシャルズ・リミテッド(PGMOL)は、PKの判定を下さなかった理由について以下のように説明した。

「現場の審判がPKではないと判断した」

「それは主観的な決定であるため、VARチームはその判断を覆す十分な証拠がないとして、現場の決定を通した」

TAGS: