/ペップ・グアルディオラ:ウィンクスから受けた衝撃、「スパーズはとんでもないチーム」

ペップ・グアルディオラ:ウィンクスから受けた衝撃、「スパーズはとんでもないチーム」

スパーズ戦を振り返るペップ・グアルディオラ監督は、ハリー・ウィンクスの印象について語っている。マンチェスター・シティのボスは、ウィンクスとスパーズの選手たちに大きな称賛を贈った。

 

月曜の夜のウェンブリーでの試合の後、マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラ監督は、トッテナム・ホットスパーのミッドフィルダー、ハリー・ウィンクスに格別の称賛を贈っている。

22歳のイングランド代表ミッドフィルダーは、後半途中にエリック・ダイアーに代わってピッチに送り出されると、試合は1-0の敗戦で終わったものの、ウィンクスがスパーズに新たなダイナミズムを与えていた。

サイドからも中央からも勢いの良い滑走で突破してみせ、デンベレのようなターンによるボールキープを自陣内で見せたウィンクス。

さらにグアルディオラは、ウィンクスだけでなくポチェッティーノのチーム全体のパワフルな戦う気概についても指摘している。

「スパーズは私がこれまでに対戦してきたなかでも最もフィジカルに長けたチームだ」