/パウロ・フォンセカとの交渉が決裂したトッテナムはジェンナーロ・ガットゥーゾを有力候補に [Sky Sports]

パウロ・フォンセカとの交渉が決裂したトッテナムはジェンナーロ・ガットゥーゾを有力候補に [Sky Sports]

元ローマのパウロ・フォンセカは、2年契約で口頭合意し、トッテナムの新監督に就任する予定だったが、交渉は決裂した。Sky Italiaによると、木曜日にフィオレンティーナを退団したジェンナーロ・ガットゥーゾがスパーズの最有力候補になっている。

トッテナムは、金銭的な問題で交渉が決裂したため、パウロ・フォンセカを監督に任命しないことになった。

Sky Italiaが報じたように、スパーズはフォンセカと2年契約で口頭合意していたが、両者の交渉は木曜日に終了。クラブは現在、他のターゲットを次期監督候補としてその交渉に集中することを決定している。

チェルシー、ユベントス、イタリア代表で監督を務めたアントニオ・コンテとスパーズとの交渉が6月初めに決裂した後、フォンセカは、スパーズの新フットボール・マネージング・ディレクターのファビオ・パラティチの最優先ターゲットとなった。

Sky Italiaは、監督就任からわずか23日でフィオレンティーナを退団したジェンナーロ・ガットゥーゾがスパーズの有力な次期監督候補になっていると報じている。

ACミランやナポリで指揮を執ったガットゥーゾは、7月1日までフィオレンティーナでの任期を正式に開始する予定だったが、今夏の補強プランでクラブと衝突し、その契約を解除した。

フィオレンティーナは、ガットゥーゾの代理人であるホルヘ・メンデスが提案した選手よりも、ポルトのセルジオ・オリベイラやバレンシアのゴンカロ・ゲデスなど、より手頃な価格の補強を望んでいた。

4月にマンチェスター・シティとのカラバオ・カップ決勝に挑む数日前に解雇されたジョゼ・モウリーニョの後任を、スパーズは現在も探している。

コンテとの交渉の前には、およそ1年半前にスパーズを去ったパリ・サンジェルマンのマウリシオ・ポチェッティーノをノースロンドンに呼び戻そうとしたが、失敗に終わった。

シーズン終盤戦でライアン・メイソンが暫定的にチームを率い、初のヨーロッパ・カンファレンスリーグの出場権獲得に貢献した。