/トッテナムの次期ヘッドコーチ候補となったパウロ・フォンセカの素顔は?

トッテナムの次期ヘッドコーチ候補となったパウロ・フォンセカの素顔は?

トッテナムの新ヘッドコーチ探しは終焉を迎えようとしている。かつてポルトやローマで指揮を執ったパウロ・フォンセカとの交渉が始まった。

トッテナムは、元ASローマのパウロ・フォンセカを新ヘッドコーチに任命するようだ。

4月にジョゼ・モウリーニョが退団して以来、ダニエル・レヴィは空席のポジションを埋める人物を探していたが、アントニオ・コンテに断られた後、ついにその人物を見つけたのかもしれない。

フォンセカはトッテナムの主要な次期監督のターゲットになっており、特に新たにフットボール・ディレクターに就任したファビオ・パラティチが狙っているようだ。

両者の間で交渉が進んでおり、ブックメーカーは次期トッテナムの指揮官になる確率が高いとされているが、果たしてパウロ・フォンセカとはどんな人物なのか?

来シーズン、スパーズの指揮を執る可能性が高いフォンセカについて、知っておくべきことをお伝えする。

パウロ・フォンセカとは?

フォンセカは48歳のポルトガル人監督で、モザンビークのナンプラで生まれた。

選手としてのキャリアはあったが、FCポルトではリーグ戦に出場したことがなく、レサ、ベレネンセス、マリティモなどの知名度が低いチームでプレーしていた。

その後、エストレラ・アマドーラに5年間在籍し、2005年に選手としてのキャリアを終えている。