/パウロ・フォンセカがトッテナムのまず着手すべき5つのこと

パウロ・フォンセカがトッテナムのまず着手すべき5つのこと

元ローマのボスであるパウロ・フォンセカがトッテナム・ホットスパーの新ヘッドコーチになった場合、パウロ・フォンセカがまず取り組むべき5つのことを紹介する。

ハリー・ケインとの会話

多くのトッテナムファンの間では、マウリシオ・ポチェッティーノやアントニオ・コンテが監督就任に迫ったとの情報が出回ったときに、ハリー・ケインがクラブでの来シーズンに向けて抱いている疑問が解消されたのではないかという思いがあった。

果たして、パウロ・フォンセカの就任は、同じような効果をもたらすだろうか?しかし、他の2人のように、タイトルやケインとの関連性という点で、フォンセカには同じような重みがあるわけではない。

トッテナムの現在の意向は、この夏、ケインを残留させることであり、世界記録に移籍金を提示する獲得オファーが他クラブから舞い込んでこない限り、その意向が揺らぐことはないだろう。

フォンセカは今夏のどこかの時点でケインに話をするだろうし、スコットランド戦の後にイングランドがホットスパー・ウェイに一時的に滞在している間に、直接会う可能性もある。

ポルトガル人は、自分の攻撃的なシステムの中で、27歳のケインが今シーズンよりもさらに多くのゴールを決め、スパーズをタイトルに導くことができると、このストライカーを説得しなければならない。

最高のデレ・アリ、最高のエンドンベレ、最高のロチェルソ

フォンセカのポゼッションベースの攻撃を成功させるには、ファビオ・パラティチが賢明な補強をするのと同様に、タンギ・エンドンベレ、ジオバニ・ロチェルソ、デレ・アリの能力を最大限に引き出すことが鍵となる。