/パロット、アーロンズ、ベルフワイン、スマレ:2025年のトッテナム先発メンバーを夢想

パロット、アーロンズ、ベルフワイン、スマレ:2025年のトッテナム先発メンバーを夢想

ギャレス・ベイルは、36歳になって中国スーパーリーグで週給82万ポンドを受け取っているにもかかわらず、相変わらずスパーズへの移籍の噂が絶たない。

ジャック・クラークは、2シーズンほどのローン期間を過ごしつつスパーズでの幸運を模索したが、ついに叶わずボーンマスに完全移籍をした。

今や33歳になったソン・フンミンは変わらずチームの重要なメンバーで、攻撃的ミッドフィルダーと前線の双方のバックアップの役割を担っている。エリク・ラメラは2021年にイタリアへ戻り、ACミラノでかつての監督のもとプレーしている。

ストライカー

ハリー・ケインは欧州最高峰のクラブからの数多のオファーを袖にしてスパーズに留まり、トロイ・パロットとともに欧州最強のパートナーシップを築いている。

23歳になったアイルランド人ストライカーのパロットは、ケインが自身で打ち立てた初期の得点記録の多くを打ち破り、トップでの役割をこなしている。一方、ケインは少しばかり後方で半ばプレーメーカー、半ばゴールスコアラーとして、ベルフワインを活かし、アタッキング・サードのどこにでも飛び出す機会を与えている。

ルーカス・モウラはあと2年程トッテナムで過ごした後、祖国ブラジルへ戻り、自身の最初のクラブであるサンパウロでプレーしている。

複数ポジションをこなすソンとベネットは、ストライカーとしてもバックアップとなっている。