/パロット、アーロンズ、ベルフワイン、スマレ:2025年のトッテナム先発メンバーを夢想

パロット、アーロンズ、ベルフワイン、スマレ:2025年のトッテナム先発メンバーを夢想

サイドバック

左サイドバックのライアン・セセニョンは、ついにジョゼ・モウリーニョがスパーズの監督として予測した「新アシュリー・コール」たるフルバックに成長した。

デニス・サーキン(現在スパーズU-18所属)は、31歳になったクラブへの忠誠心の熱いベン・デイビスとともに、両サイドとセンタバックをカバーする、非常に強力な競争者だ。

右サイドでは、32歳になったセルジュ・オーリエはACミラノでプレーしており、2020年の夏にノリッチから加入したマックス・アーロンズ(現在20歳)が2021年以降クラブの一番手に君臨している。

ユセフ・アタル(現在フランス・リーグアンのニース在籍23歳)はアーロンズと右サイドバックのポジションを争っており、カイル・ウォーカー・ピータースはサウサンプトンで2年のローン期間を過ごした後、この南海岸のクラブに完全移籍した。

センターバック

スパーズが、契約終了後も再度1年延長したトビー・アルデルヴァイレルトはついにアヤックスに戻りオランダでプレーしている。アヤックスは2025-26シーズンの前に、やはり元スパーズのヤン・フェルトンゲンを監督に招聘した。

スパーズはと言えば、ジャフェト・タンガンガがプレミアリーグのスターへと成長し、経験を積んだダビンソン・サンチェスとともに力強く堅牢なセンターバックのコンビを形成している。

若きイングランド代表のマラカイ・ウォルコット(現在U-18スパーズ所属)がウェールズ人のベテラン、デイビスとともに2つのセンターバックのポジションを争っている。