/スコット・パーカー:自身の将来に関する憶測報道を無視

スコット・パーカー:自身の将来に関する憶測報道を無視

スコット・パーカーは、フラムの監督としての将来に関する憶測報道を無視する姿勢を示した。

チャンピオンシップへの降格の危機に瀕しているパーカーは、トッテナムの次期監督の座を狙っていると報じられている。

スパーズで選手として活躍し、ユースチームのコーチを務めていたパーカーは、次のように語っています。

「私は何を言われようと、何を書かれようと、あまり気にしないよ」

「もし、私がそのような報道を半分でも聞いていたら、気が狂ってしまうだろうね」

「毎週、我々のプレーしてる方法や、プレーしていない方法、誰がそこに行き、誰が去り、誰が残り、誰が満足していないかなど、様々な報道が出続けるものだからね」

フラムは月曜日にクレイブン・コテージで、降格圏にあるすぐ上の位置するバーンリーと対戦する。

現在、クラレッツとの勝ち点差は9ポイントで、ここでフラムが残留の望みを残すためには勝たなければならない一戦となる。

「私が集中できるのは、現在の我々の状況。つまりバーンリー戦であり、それが終われば次のサウサンプトン戦に集中するのみだ」

「もちろん、シーズンが終われば、(クラブの上層部と)テーブルを囲んで議論することになるだろう」

「それまでは、私が気落ちしたり、監督としての資質を欠いたり、我々の現状とは関係のないことに集中してエネルギーのレベルを下げたりすることはできないよ」