/ジェンナーロ・ガットゥーゾ就任に対するファンの意見「スパーズをこれほど恥じたことはない」 [SpursWeb]

ジェンナーロ・ガットゥーゾ就任に対するファンの意見「スパーズをこれほど恥じたことはない」 [SpursWeb]

この夏、我々は監督のメリーゴーランドに乗せられた。だが、どの監督も乗ろうとせず、我々ファンの皆が気分を害し、ダニエル・レヴィはまだそのメリーゴーランドを回し続けている。

まるで、フットボール界の大物を集めたカタログの中から、パウロ・フォンセカの足元にたどり着いたかのようだ。さほど魅力的ではない監督人事ではあったが、フォンセカについて調べれば調べるほど、多くのファンの心が惹かれていった。

彼はペップ・グアルディオラのような名将なのか?さすがにそれは無いが、しかし、彼は攻撃的なフットボールをし、高い位置からプレスをかけ、客席を沸かせる。過去1年半のモウリーニョのフットボールの後、数年間の長期プロジェクトを見据えての展望としては悪くない。

しかし、どういうわけか、またしても交渉は決裂してしまったようだ。契約を終えてフリーになっている凡庸そうな監督との交渉がどうして決裂するのかは神のみぞ知るだが、まあ仕方がない。どうやら、いくつかの報道によると、スパーズが別の候補の方を向いてしまったからだという。

誰の方を向いたのか?ポチェか?コンテか?テンハーグだろうか?いやいや、ジェンナーロ・ガットゥーゾだ。そう、ハリー・レドナップ時代にスパーズのコーチをしていたジョー・ジョーダンの首を絞めようとした男だ。

ガットゥーゾは、熱血漢であるという実績があるだけでなく、そもそも監督としての才能が微妙であり、かなり人格的な問題を抱える人物でもあるのだ。

ケース1:2013年12月、ACミランの最高責任者であるアドリアーノ・ガッリアーニがバルバラ・ベルルスコーニ(シルヴィオ・ベルルスコーニの娘)と役割を分担することに同意した際、ガットゥーゾは「フットボール界に女性の居場所はない」と主張した(BBC)。

女性のフットボール・ファンはこの発言をどう受け止めればいいのだろうか?トッテナム・ホットスパーの女子チームはどう考えているのだろうか?レベッカ・カプルホーンをはじめとする取締役会の女性メンバーはどう思うだろうか?スパーズはこの男を前向きにバックアップすることはできないだろう!