/若手ミッドフィルダーをワールドクラスに育て上げるためにローン移籍の選択肢

若手ミッドフィルダーをワールドクラスに育て上げるためにローン移籍の選択肢

トッテナムのオリヴァー・スキップは、今シーズン、プレミアリーグの多くのクラブから関心を寄せられている。

元トッテナムのサイドバック、カイル・ウォーカーをエリートレベルのディフェンダーに育て上げたローン移籍の名人芸を繰り返すことになるかもしれない。

カイル・ウォーカーは、2010年にチャンピオンシップのクイーンズパーク・レンジャーズにローン移籍し、その数ヵ月後にプレミアリーグのアストンヴィラにもローンの移籍先を変更した。

ウォーカーは、この短期間のローン移籍を繰り返し、プレミアリーグのレベルのディフェンダーに成長し、ノースロンドンのクラブに戻ってからは、国内最高の右サイドバックの一人としての地位を確立した。

「The Athletic」の報道によると、スパーズのフットボール・マネージング・ディレクターは、イングランドのトップリーグの複数のクラブから強い関心を集めている若手ミッドフィルダーのオリヴァー・スキップで、このローン移籍による育成計画を採る可能性があるようだ。

この20歳のミッドフィルダーは、昨シーズン、ノリッジ・シティにローン移籍し、リーグ戦で45試合に出場を果たし、カナリーズのチャンピオンシップ優勝に貢献した。

前述の報道によると、トッテナムは現在、スキップを今シーズンもクラブに留めておきたいと考えているが、もし移籍マーケットで中盤の補強を行うならば、彼をローンに出す可能性があるという。

もし、スキップがプレミアリーグのクラブにローンされることになれば、イングランドのトップリーグと2部リーグで活躍したウォーカーと同じような運命を思い描くことになるだろう。