/オリヴァー・スキップ:初めてスパーズを離れ、ノリッジで過ごして得た成長

オリヴァー・スキップ:初めてスパーズを離れ、ノリッジで過ごして得た成長

Standard Sportの独占インタビューで、20歳のミッドフィルダーがノリッジ・シティへのローンでの貴重な経験、ジョゼ・モウリーニョの忠告…そして、現在も遠くからスパーズを応援していることを明かした。

8月の初め、恥ずかしがり屋のティーンエイジャーであったオリヴァー・スキップがノリッジ・シティのドレッシングルームに足を踏み入れた時、所属元クラブであるトッテナムでの出場回数も少なく、チャンピオンシップでプレー時間を得ることを希望していた。

それから半年が経ち、ローン期間の半分を過ぎた今、スキップはノリッジでのリーグ戦23試合全てに先発出場し、プレミアリーグ復帰を目指す彼らの原動力となっている。

スキップはStandard Sportに語った。

「ここまでは完璧だよ」

「トッテナムではベンチスタートから試合終盤の10分か15分だけプレーするだけで夢のようだったけど、今シーズンは自分の成長のための素晴らしいシーズンになっているよ。世界中のあらゆるトレーニングをしたとしても、毎週1度のプレーに勝るものはないんだよ」

「フィジカル面では3日おきに試合でプレーすることで対応できるけど、メンタル面では1試合を終えて次の試合に切り替えるの続けていくのはとても難しいんだよ。これはやってみないと分からないんだ。それが僕が学んだ一番大きなことだったね」

ダニエル・ファルケ監督が指揮を執るカナリーズの中盤の底のでプレーしている20歳は、本来であればはるかに経験豊富な選手が担うであろう責任を背負って戦っている。

「貴重な3ポイントを争う試合で11人のトップの選手たちがいるチームのなかでプレーすることに勝るものはないよ」

「その責任の重さは、僕のプレーの向上に本当に役立っている。リーグ首位を目指して戦っているチームに加わったことでプレッシャーも大きいよ」