/マウリシオ・ポチェッティーノ:リバプール戦を控えての記者会見

マウリシオ・ポチェッティーノ:リバプール戦を控えての記者会見

今シーズンの彼らをどう評価する? 何が彼らの強さなのか?

多くの対戦をこなしてきているしお互い良く知った相手だ。自分たちのプランを逐行し良い試合を行えるか、フットボールではそれが鍵となる。そして90分の間に相手よりもよいプレーができれば、運がついてくる。相手の長所について語ることもできるし、もちろん素晴らしい選手や監督がいる。ユルゲンは大いに称賛しているよ。だがとどのつまり、どの試合でもそうだが、90分間のフットボール次第なんだ。自分たちのパフォーマンスを出して勝利を勝ち取れることを願っているよ。

ユナイテッドは両サイドの守備が引くことで上手くやっていたようだが?

様々な戦術について語ることはできる。最も重要なことはいろいろなプランを駆使することだ。すべての試合で私たちは様々なシステムを利用する。大事なのは私たちのやり方だ。自分たちが一貫していること。リバプールがどうかを考えすぎるのではなく、自分たちのことを考え改善が必要なすべてのエリアで向上することなんだ。もう5年以上になる。皆さんも私のことはご存じだろう。私たちは自分たちのやり方が基盤にあるんだ。もちろん相手のやり方の詳細には気を配る必要があるが、最重要事項は自分たちがどう試合に取り組むかなんだ。

マドリッドでの試合(CLファイナル)の後の日々はどんなものか?

それに関しては。新しい本の出版を待つか、アマゾンのドキュメンタリーを待つしかないね! いやいや、タフなものだったよ。シーズンの最終戦だ。チャンピオンズリーグの決勝で、オール・オア・ナッシングなんだよ。私たちにとって2位で終わるということは、ゼロということなんだ。それまでのフットボールで本当によく戦っていたからね、チャンピオンズリーグ決勝の到達するということは、クラブにとって大いに意味のあることだったが、選手やスタッフにとってはあの試合の後は空っぽだったね。まあ、チャンピオンズリーグの決勝を戦ったんだと、時間が経てば思えるだろう。だが勝利できなかった。そしてそれはいつまでもついて回るんだ。あの後、私がどう感じたか多くのことが語られたが、今はエネルギー満タンであの傷から回復し、自信と信頼を取り戻し自分たちの真の才能と可能性を示すときなんだ。

この夏の休暇でフットボールから切り替えて距離を置くことはできた?

フットボールのスイッチを切る方法を教えてほしいね。完全にオフにするのは不可能だよ。皆がフットボールを愛している。悪い経験を払拭して先へ進むのとは別のものだ。私の人生はフットボールにある。家族のことと同様、それがいつでも一番に来るんだ。スイッチオフはできないよ。夏の休暇中、いつもと違うところにいて肉体は移動するかもしれないが、気持ちはいつでも同じところにあるんだ。

Tottenham Hotspur