/ヌーノ・エスピリト・サント:フィテッセ戦を控えた記者会見

ヌーノ・エスピリト・サント:フィテッセ戦を控えた記者会見

監督として、周囲からの罵声を無視するのは難しいですか?仕事は家までひきずるタイプですか?

(無視することは)できっこないよ。特にエネルギーを大量に消費するこのような仕事では、仕事を家まで引きずってしまう。自分で言うのもなんだが、そこらへんの物事を切り分けるのは不可能だ。

家族を傷つけることになりますか?

もちろん、傷つけてしまうね。特に、あなたが悲しい思いをしているときには傷つくよ。あなたが幸せではなければね。同時に、クラブから距離を置いて、どう立て直し、改善し、物事をより良くするために何をしなければならないかに集中することも大切なんだ。でも、もちろん痛みはあるよ。

ハリーとソニーがニューカッスル戦で再び意気投合したことを喜んでいるのでは?

ええ、彼らはこのチームの中で、パートナーシップの面で改善したいことがまだあると思う。知り合ってから時間が経っている選手は簡単だが、我々は中盤とディフェンスで異なる顔ぶれが加わっている。まだ構築しなければならないポイントがあるんだ。フットボールとはそのようなものだよ。

チームの中では、常に個々のパートナーシップが必要で、横に並ぶ2人または3人の選手がポジションごとに強くなっていくんだ。今のところ、必要な改善のために自然に統合されていっている。我々のプレーには、まだまだ改善すべき点がたくさんあるよ。

プレミアリーグのチームとヨーロッパ・カンファレンスリーグのチームがあると言ってもいいでしょうか?

いや、それは公平ではないね。今回は、この週に我々が決めた状況なんだ。明日も良い試合をして、日曜日も良い試合をするためには、それが最善の方法だと考えたからだよ。

でも、(2つのチームに)違いはない。これはチームの問題なんだ。誰が行くのか、誰が遠征に加わるのか、誰が残るのか、誰が休息を必要としているのか、回復のために何日か必要なのか、などを考慮して決定しなければならない。そういったことを、チーム全体で管理していかなければならないんだ。