/ヌーノ・エスピリト・サントが大抜擢する新たなワンダーキッドとジャック・クラークへのバッド・ニュース

ヌーノ・エスピリト・サントが大抜擢する新たなワンダーキッドとジャック・クラークへのバッド・ニュース

様々な理由でトップチームのメンバーを欠いたセルハースト・パークで、エスピリト・サントは、ベンチ入りさせた3人のアカデミー選手のうちの1人としてマーカンデイを招集。スカーレットとトビ・オモレもベンチに入った。

しかし、マーカンデイと同じ20歳でポジションも似ているジャック・クラークにはお呼びがかからずく、彼は同週末の育成チームの試合で活躍し、アルフィー・デヴァインの2ゴールでリバプールを2-1で破った。

この夏、エスピリト・サントのチーム構想の中で自分の居場所を確保するために、再びローン移籍するのではなく、トッテナムに残ることを決断したクラークだが、クリスタルパレスでのメンバー選考は、現時点でマーカンデイの後塵を拝していることを示唆している。

2019年夏にリーズ・ユナイテッドからスパーズに加入したヨーク出身のウインガーは、チャンピオンシップで素晴らしいシーズンを過ごした後、多くの期待を寄せられていたが、スパーズに来てからの過去2シーズンで3つの異なるクラブでのローン期間を過ごしたが、選手やクラブが望むような結果にはならなかった。

夏にスパーズに復帰して以来、ホットスパー・ウェイでトップチームの練習に参加しているクラークだが、ソン、ベルフワイン、ルーカス・モウラ、ブライアン・ヒルといった選手がその前には立ちはだかり、マーカンデイも追い抜かれているようで、エスピリト・サントのチーム構想に加わるには大きな課題がある。

エスピリト・サントは、週末のチェルシー戦のことを頭の片隅に置いてフランス遠征を考えるだろうから、レンヌのホーム、ロアゾン・パークでルーカスを起用するかどうかを判断しなければならない。

一方、クラークはスパーズでのキャリアを好転させるために、フランスへの遠征に参加したいと考えているだろう。

スパーズの育成チームにとって、今シーズンはかなりの好スタートとなった。エスピリト・サントは、このヨーロッパ・カンファレンスリーグの一戦で、マーカンデイというスパーズ・アカデミーが生んだ新たな逸材がいることを知ることになるだろう。

2月のヴォルフスベルガー戦でモウリーニョは彼に出場機会を与えることができなかったが、彼の後継者がヨーロッパの舞台で実力を発揮するチャンスを彼に与えることになるかもしれない。