/ヌーノ・エスピリト・サントが大抜擢する新たなワンダーキッドとジャック・クラークへのバッド・ニュース

ヌーノ・エスピリト・サントが大抜擢する新たなワンダーキッドとジャック・クラークへのバッド・ニュース

今シーズン、スパーズの育成チームで4ゴールをあげた20歳のディラン・マーカンデイは、木曜日の夜に行われるトッテナムのヨーロッパ・カンファレンスリーグのレンヌ戦でプレーするチャンスが得られることを願っている。

今シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグは、ヌーノ・エスピリト・サントにとって、クラブの才能ある若手をじっくりと観察する絶好の機会となるだろう。

パソス・デ・フェレイラとのプレーオフ・ファーストレグでは、すでにかなり多くの若手選手を起用していたが、木曜日のレンヌ戦から始まるグループステージでトッテナムのボスはこれまでとは違うメンバーを起用するだろう。

エスピリト・サントは、グループGのスタートダッシュを切ることが重要であると同時に、日曜日に行われるプレミアリーグのチェルシー戦を意識したメンバー構成を考えているようだ。

クリスティアン・ロメロ、ダビンソン・サンチェス、ジオバニ・ロチェルソが南米でのワールドカップ予選を終えてクロアチアで検疫期間を過ごしており、エリック・ダイアー、ステーフェン・ベルフワイン、ソン・フンミンが負傷でフランスでの試合を欠場する可能性があることから、エスピリト・サントはピエール・エミール・ホイヴィアやハリー・ケインなどの主力選手の起用の是非についていくつかの決断を迫られている。

その結果、ナイル・ジョンやデイン・スカーレットが再び欧州の舞台で活躍する可能性が出てきた。また、ディラン・マーカンデイも今シーズンの素晴らしいスタートを切ったことで、監督の構想に入ってくる可能性がある。

昨シーズン、2月にヨーロッパリーグのヴォルフスベルガーAC戦でベンチ入りし、ジョゼ・モウリーニョを感心させたこのアタッカーは、今シーズン、さらにレベルアップし、新監督も感心させたようだ。

23歳以下の選手を中心としたチーム編成で競われるプレミアリーグ2でマーカンデイは、チェルシーとのホームで2-2の引き分けに終わった試合でゴールを決め、その次のリーズ戦ではハットトリックを達成した。

その結果、パソス・デ・フェレイラとのプレーオフ・セカンドレグではベンチ入りを果たし、土曜日のクリスタルパレス戦でもベンチ入りした9人の1人となった。

Dilan Markanday has been in fine form in front of goal for Tottenham's development squad this season
今シーズンの育成チームでゴールを量産する好調のディラン・マーカンデイ