/トッテナムの采配が疑問視される交代後のヌーノとセルヒオ・レギロンの間で起こったこと

トッテナムの采配が疑問視される交代後のヌーノとセルヒオ・レギロンの間で起こったこと

この試合では、長年ハマーズで活躍してきたアントニオに圧倒される場面もあったが、全体的にはよくやっており、稀に見るポジティブなプレーだった。

今シーズンのロメロのプレーで明らかになっているのは、ディフェンスでボールを奪い、前に向かって猛然と走り出す能力だ。

ロメロの積極性とスパーズを助けようとする気持ちは誰もが認めるところだが、ウーゴ・ロリスやダイアー、そして彼の仲間のディフェンダーたちが、ロメロが自分のポジションを離れたときにどう思っているのかはまだわからない。

後半に入って間もなく、このアルゼンチン人はスパーズの素早いカウンターの起点となり、ケインがソンに送ったボールがもう少しうまく繋がっていれば、その動きによってゴールが生まれていたかもしれなかった。

前に出たロメロの穴を埋めるためにピエール・エミール・ホイヴィアがディフェンス・ラインに降りたのを見て、ダイアーはロメロに元の位置に戻るように叫んでいた。しかし、この夏に加入したロメロが元の位置に戻る姿には、必死さが感じられなかった。

トッテナムでの最初の数ヶ月間で、トッテナムのファンの間で人気者になったロメロは、これからもノースロンドンでまだまだ活躍してくれることだろう。

また、ロメロが攻撃的な姿勢を見せていることから、彼がその肺活量をさらに使って自らゴールする可能性もあるだろう。

現在、スパーズはファイナル・サードでの成功を収めているとは言えないが、エスピリト・サントは最近のダイアーとロメロのセンターバック・コンビに満足しているようだ。