/トッテナムの采配が疑問視される交代後のヌーノとセルヒオ・レギロンの間で起こったこと

トッテナムの采配が疑問視される交代後のヌーノとセルヒオ・レギロンの間で起こったこと

このスペイン人はウェストハムの決勝ゴールに関与しただけに、2人の間でその点が最も話題になったかもしれない。優れたディフェンスで何度もボールを奪ったレギロンだったが、自陣の端でパブロ・フォルナルスにボールを奪われ、あのコーナーを与えてしまったのだ。

才能豊かな元レアル・マドリードの左サイドバックの失態から失点を許したものの、彼はハマーズ戦で好ゲームを展開し、ケインやスキップに素晴らしいクロスを入れ、また守備でも大いに貢献した。

ロチェルソやヒルが戦況を変えるには、6分では十分ではなかった。さらにステーフェン・ベルフワインも投入されたが、より短い時間しかピッチに立てなかった。

このオランダ人は90分に投入され、与えられた時間はアディショナル・タイムの3分のみで、時すでに遅しだった。

アントニオのゴールの直後に交代選手を投入していれば、スパーズは試合を立て直すための十分な時間を得ることができたかもしれないが、実際の交代ではその効果を発揮するには遅すぎたのは明らかだ。

エスピリト・サントは試合後の記者会見で、もっと早い段階で交代させなかったことを後悔しているかと聞かれたが、試合をコントロールできていたので、状況を変える必要はなかったと明言した。

「いや、さっきも言った通りゲームをコントロールしていたんだ。交代は必要だと思ったときにするものだよ」

「選手たちは良いプレーをしていたので、チームに必要だと感じた瞬間に交代をした]

スパーズのファンは、次の試合で後半に追い上げられたときに、彼の交代時の判断がより良いものになることを祈っているだろう。

創造性の欠如が招いた悲劇

8月にシーズンが始まって以来、トッテナムの創造性の問題はよく指摘されてきた。

最初の3試合では1-0の3連勝で首位に立ったものの、その間にオープン・プレーから奪ったゴールは1つだけだ。

8月のリリーホワイツはチャンスに恵まれず、9月にはクリスタルパレス、チェルシー、アーセナルに大敗を喫するなど、事態は急激に悪化していった。

最近のアストンヴィラ戦とニューカッスル戦ではかつてのような好パフォーマンスを見せていたトッテナムだが、残念ながらロンドン・スタジアムでは元の状態に戻ってしまった。

前半にソンとケインが得たチャンスは、イースト・ロンドンでの90分間で得られた最高のものだったが、後半は十分な成果を上げることができなかった。

Tanguy Ndombele tried to make things happen for Tottenham in the final third