/トッテナムの采配が疑問視される交代後のヌーノとセルヒオ・レギロンの間で起こったこと

トッテナムの采配が疑問視される交代後のヌーノとセルヒオ・レギロンの間で起こったこと

トッテナムが1-0で敗れたプレミアリーグのウェストハム戦での主なトピック。

フィテッセ戦の決断の期待を裏切る

木曜日の夜に行われるトッテナムのヨーロッパ・カンファレンスリーグのフィテッセ戦を前に、ヌーノ・エスピリト・サントが下した大きな決断を正当化するためには、ウェストハムでの勝利が必須だった。

8月に行われたパソス・デ・フェレイラとのプレーオフでもそうだったが、エスピリト・サントは1軍をロンドンに残して試合に臨んだ。

そのため、ジオバニ・ロチェルソ、デレ・アリ、ステーフェン・ベルフワインなどの選手にオランダでプレーするチャンスが与えられたが、2軍はエールディビジのチームに1-0で敗れた。

ハリー・ケインらをホットスパー・ウェイに残し、アシスタント・コーチのイアン・キャスローの指導を受けていた状況下で、エスピリト・サントにとってその欧州での戦いに向けての決断を正当化するために必要だったのは、ロンドン・スタジアムでの勝点3だった。

予想通り、ニューカッスルで勝利したときの11人の選手でハマーズ戦に臨んだスパーズだが、72分にミカイル・アントニオが決勝点を挙げたことで、敗れることになった。

前半、ルーカス・モウラとソン・フンミンの活躍でチャンスを得たスパーズは、前半のうちに先制できそうであったが、ウカシュ・ファビアンスキがファインセーブを見せ、ケインがファーポストから放ったヘディング・シュートも阻んでしまった。

その後、スパーズは再びチャンスを得たが、セルヒオ・レギロンがオリヴァー・スキップに送ったクロスはミッドフィルダーの背後に流れて合わせられず、さらにクリスティアン・ロメロの素早い動きに合わせてケインが抜け出すも、そのクロスはボックス内で待つソンに届かなかった。

後半に入るとハマーズを苦しめることはできず、残り18分、アントニオがコーナーキックをニアサイドでケインに競り勝ってゴールを決め、勝負を決めた。

スパーズはまたしてもファイナル・サードで苦戦を強いられたが、エスピリト・サントは試合後の記者会見で、イースト・ロンドンでの試合は「良い試合だった」と語った。しかし、トッテナムのファンはこの言葉に完全には同意しないかもしれない。

Harry Kane couldn't get his pass to Son Heung-min right which would have seen Tottenham take the lead at West Ham