/ヌーノ・エスピリト・サントは代表ウィーク明けのニューカッスル戦の先発メンバーをどうするのか…

ヌーノ・エスピリト・サントは代表ウィーク明けのニューカッスル戦の先発メンバーをどうするのか…

ディフェンダー

プレミアリーグが再開される直前にノースロンドンに戻ってくる選手がいるため、バックラインにはいくつかの変更が加えられる可能性がある。

左サイドバックのセルヒオ・レギロンは、ネーションズリーグの決勝戦にも参加したが、ベンチ入りしただけで、国際試合の間、スペイン代表としてのプレー時間はなかった。

これはトッテナムにとってはボーナスとなり、レギロンはニューカッスル戦に向けて英気を十分に養った状態で準備ができるだろう。

右サイドバックのエメルソン・ロイヤルは、ブラジル代表の最初の試合であるベネズエラ戦で途中出場で起用されたが、2戦目のコロンビア戦では起用されなかった。

ホームでのウルグアイ戦はは英国時間の金曜日となるため、その試合の後に帰国することを考慮すると、エスピリト・サントは右サイドに変更する可能性がある。

ジャフェト・タンガンガの最後の出場はノースロンドン・ダービーで、アーセナル戦ではスパーズの多くの選手と同様に低調なパフォーマンスに終始した。

もし、ロイヤルが先発メンバーに選ばれなかった場合、この22歳のディフェンダーが再び右サイドバックとして先発メンバーに加わる可能性があり、ポルトガル人ヘッドコーチのファーストチョイスになる理由を証明するチャンスとなるだろう。

ディフェンスの中央の座を、エリック・ダイアー、クリスティアン・ロメロ、ダビンソン・サンチェス、ジョー・ロドンが争っている。

ダイアーは唯一、今回の国際試合に参加していないので、セント・ジェームズ・パークで先発メンバーに選ばれるセンターバックの一人になる可能性が高い。

サンチェスは共に0-0で終わったウルグアイ戦、ブラジル戦とここまでの2試合でプレーしていないが、ロメロとロドンはアルゼンチン代表、ウェールズ代表でそれぞれ試合に出て良いパフォーマンスを見せている。

アルゼンチンとコロンビアはまだ1試合を残しており、移動時間を考慮すると、スパーズの指揮官は日曜日にロドンをダイアーを選ぶかもしれない。

Tottenham's last Premier League fixture ended in a 2-1 victory against Aston Villa.