/ヌーノ・エスピリト・サントと重要なチェルシー戦の対策でカギとなる選手

ヌーノ・エスピリト・サントと重要なチェルシー戦の対策でカギとなる選手

木曜日の夜、トッテナムはヨーロッパ・カンファレンスリーグのグループGの開幕戦であるレンヌ戦に臨み、再び勝利を目指す。

エスピリト・サントは日曜日のチェルシー戦を視野に入れて采配を振るうだろうが、このヨーロッパでの試合は、トッテナムに就任して初めてエンドンベレを起用する絶好の機会となる。

ピエール・エミール・ホイヴィアとオリヴァー・スキップのどちらか、もしくは両方が温存する可能性があり、ジオバニ・ロチェルソが不在でデレ・アリが今シーズンはプレミアリーグでレギュラーになっていることから、中盤の変更が予想され、フランス人に有利に働くだろう。

さらにレンヌはエンドンベレがフランスでプレーしていた頃からよく知るチームであり、欧州での試合はプレミアリーグのようなスピードや激しさがないため、エンドンベレを実戦に馴染ませ、プレー時間をを与えてフィットネスを向上させるには理想的な試合だと言える。

トッテナムに移籍して最初のシーズンは、ヨーロッパでのプレーがエンドンベレに合っていたようで、チェルシー戦に向けてエスピリト・サントの目に留まることを期待できるだろう。

このフランス人は、エスピリト・サントが採用する4-3-3システムにおいて、中盤と攻撃をつなぐ創造的なプレーで、スパーズの大きな武器となるだろう。

クリスタルパレスとの試合でも、そして今シーズンの他の試合でも、ファイナルサードでちょっとした閃きが欠けていたのは明らかだったが、エンドンベレとブライアンは先週の土曜日にエスピリト・サントが解決しなければならなかった課題に応えられる資質を持っている。

今夏の移籍が実現しなかったため、今後数ヶ月間はトッテナムの選手としてプレーすることが決まっている元リヨンのミッドフィルダーは、しばらく将来について多くの不確定要素があったにもかかわらず、毎週のようにプレーの機会を得るべき理由を示すことが求められているのだ。

木曜日はそのための理想的な舞台であり、日曜日の午後にトーマス・トゥヘル率いる好調なチェルシーを返り討ちにすることを目論むエスピリト・サントにとっては、中盤の大きな決断を迫られることになる。

トッテナムはライバルとの戦いでファイナルサードに魔法をかける必要があるが、エンドンベレであればそれができるはずだ。