/ヌーノ・エスピリト・サントと重要なチェルシー戦の対策でカギとなる選手

ヌーノ・エスピリト・サントと重要なチェルシー戦の対策でカギとなる選手

木曜日に行われるヨーロッパ・カンファレンスリーグのレンヌ戦で、タンギ・エンドンベレがピッチに立つ可能性が出てきた。エンドンベレにとってチェルシーとの対戦に向けて準備ができていることを示す絶好の機会となる。

トッテナムが創造性を求めていた土曜日のクリスタルパレス戦で、タンギ・エンドンベレは交代要員としてベンチで不甲斐ないチームメイトのパフォーマンスを見守ることしかできなかった。

5月のホームのアストンヴィラ戦で2-1の敗戦を喫して以来、ピッチに立っていないこのフランス人は、夏の移籍マーケットの期限を前に退団を希望していることをクラブに明らかにしており、彼の将来が大きな話題になっていた。

7月にプレシーズン・トレーニングに復帰して以来、エンドンベレはスパーズのトップチームでトレーニングを続けていたが、セルハースト・パークでの招集メンバーに加えるまでは、ヌーノ・エスピリト・サントは試合のメンバーから外していた。

イーグルス戦でも結局1分もプレーしなかっため、5月中旬以降まったくピッチに立ったことがないエンドンベレだが、セルハースト・パークでは先発出場の可能性は低かったものの、試合の流れを変えるためにエスピリト・サントがベンチ入りさせたオプションのひとつだった。

プレミアリーグで3連勝中だったトッテナムが、このロンドン・ダービーで見せたパフォーマンスは決して良いものではなく、ファンは苦しい戦局を変えるためにエンドンベレとブライアン・ヒルを投入しなかった監督の決断を批判した。

エスピリト・サントは、ジャフェト・タンガンガのレッドカードを提示される前にこのスペイン人を投入する準備をしていたようだが、試合後の記者会見で、チームが苦戦しているにもかかわらず、なぜヒルやエンドンベレが出番を得られなかったのかと質問を受けて次のように答えた。

「彼(ヒル)を投入しなかったのは、私が彼を投入すると決めなかったからだ」

「あなたがおっしゃるように、それまでの我々の考えでは、ちょうどいいタイミングで投入しようとしていたが、いざ投入しようとしたところで1人少なくなってしまった。チームのバランスを考えてディフェンダーを投入しなければならなかったので、それに基づいて決断したんだよ」

Tanguy Ndombele has been a regular in training at Hotspur Way but has only made the matchday squad once this season