/ライアン・メイソン:トッテナムの次期監督の人事と自身の覚悟

ライアン・メイソン:トッテナムの次期監督の人事と自身の覚悟

現在のトッテナムの選手の多くは、メイソンがポチェッティーノのもとでトップチームのレギュラーになったときのチームメイトである。

そういったかつてのチームメイトたちに対し、暫定ヘッドコーチになった今も、『それまで通りの呼称で呼ぶように』いうこと以外は言い聞かせていないという。

「僕が彼らに最初に言ったことのひとつがそれだね。僕は、『ガファー』や『ボス』と呼ばれることを望んでいないんだ。この5年、10年、または僕と知り合ってからどれだけの期間が経っていても、これまで僕を呼んでいた呼び名で呼んでくれ、ってね」

「僕にとって最も重要なことは、敬意を払うことだ。僕を何と呼ぼうと構わないけど、僕に敬意を払わないのであれば、それはマズいよね。だから、誰からも尊敬が払われているんだ」

「選手だけでなく、グラウンドマン、キットマン、みんなだ。僕は皆と良い関係を築けている。これが最も重要なことで、そうすれば、選手たちにメッセージを伝えることがより簡単になるんだ」