/ライアン・メイソン:トッテナムの次期監督の人事と自身の覚悟

ライアン・メイソン:トッテナムの次期監督の人事と自身の覚悟

まだ29歳のメイソンは、スパーズの暫定監督としての初試合でサウサンプトンに逆転勝ちし、その後、マンチェスター・シティとのカラバオ・カップ決勝にチームを率いるという、この短期間で信じられないような多くのことを引き受けなければならなかった。

自分が受けた突然の学びの数々と、それが鬼が出るか蛇が出るかがわからない性質のものであることから、遅かれ早かれ正式な監督になる準備ができるのではないか、と質問を受けた。

「選手としての僕の経験では、まだまだ準備をしなければならないし、自分自身を鍛錬しなければならない。物事が起こるままに、考え、感じなければならないんだ」

「僕は選手時代にそうだった。月曜の夜にU23の試合でサンダーランドでリザーブリーグの試合をして、次の水曜の夜はホワイトハート・レーンでノッティンガム・フォレストを相手にゴールを決めて、その土曜にはエミレーツでノースロンドン・ダービーでプレミアリーグ・デビューを果たしたんだ」

「だから、『準備ができていたのか?』という点では準備していなかったと思うけど、精神的には自分の準備ができていると信じていた。その瞬間を想像して準備ができていると感じ、その時が訪れたら、準備ができていると信じて慌てることなく行動していたよ。それは、この3年、3年半のコーチとしての経験と同じなんだ」

「考えて、試合をしっかりと見定めて、話すこと。自分自身で準備を整えるために、然るべき仲間たちと練り込んだ方法で実践する。『彼はまだ若いから、準備ができていないね』と言うのは安易な意見だと思うよ」

「もちろん、僕には40歳や50歳の監督が持っているようなトップリーグでの経験はないけどが、僕にはこのフットボールクラブでの20年の経験がある。僕は、キットマン、清掃員、グランドマンなど、誰でも知っているんだ。それに誰もが僕を知ってくれている」