/ライアン・メイソン:トッテナムの次期監督の人事と自身の覚悟

ライアン・メイソン:トッテナムの次期監督の人事と自身の覚悟

トッテナム・ホットスパーの暫定ヘッドコーチは、ジョゼ・モウリーニョの後任となる人物を探しているクラブの状況について質問を受けた。

ライアン・メイソンは、トッテナム・ホットスパーの監督という仕事は、多くの有力候補を惹きつけるものだと考えている。

スパーズは今シーズン終了前にジョゼ・モウリーニョの後任を発表することを望んでいると理解している。

スパーズはまだ誰にもオファーしていないが、ユリアン・ナーゲルスマンがバイエルン・ミュンヘンの新監督に就任することが決まり、エリック・テン・ハーグがアヤックスでの契約を延長するなど、話を聞きたいと思っていた候補者のうち数人が、すでに将来について別の決断をしている。

メイソンは、トッテナムの指揮官に就任して2週間弱、シーズン終了まで指揮を執ることになっており、空位となっている監督に関する憶測を無視していることを認めつつも、このクラブでの仕事がどれほど魅力的な存在であるかを知っている。

「僕は何も聞いていないよ。でも、ここはトッテナム・ホットスパー・フットボールクラブなんだ。興味を持ってる人は必ずいるはずだね」

「僕の考えでは、世界最高のスタジアムがあり、世界最高のトレーニング施設もある。素晴らしい選手たちと、素晴らしいファンがいる。だから、もちろん魅力的なクラブだよ。素晴らしいフットボールクラブだからね。僕がこのクラブに情熱を持っているので偏見があるかもしれないけど、ビッグなフットボールクラブでもある」

「僕らが置かれている状況から、様々な憶測が飛び交うと思うよ。なぜなら、現時点では僕がチームを率いて試合の準備をしているし、クラブに関わるすべての人がこの5試合で正しい方向に進まなければならないからね。(現場の)僕らは次の監督に誰が来るかなんて考えていないよ」