/ニューカッスル買収によりトップ4争いの激化を懸念するユナイテッド、スパーズ、エバートンがその怒りを露わに [Daily Mail]

ニューカッスル買収によりトップ4争いの激化を懸念するユナイテッド、スパーズ、エバートンがその怒りを露わに [Daily Mail]

プレミアリーグからの事前説明が不足していると考えられていることが各クラブの怒りの原因となっており、一部のクラブは、プレミアリーグの理事会による意思決定プロセスに各クラブが関与しているというファンの抱く前提を訂正しなければならないと主張しているほどだ。

プレミアリーグは、サウジアラビア政府とニューカッスルの80%を所有するサウジアラビア政府系投資ファンドのパブリック・インベストメント・ファンド(PIF)が、クラブ経営における法的な分離を確認した上で、この取引を承認せざるを得ないとの姿勢を繰り返し示してきた。

プレミアリーグは、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が率いるサウジアラビア政府の直接的な関与が疑われる場合には、介入する権限を持っている。

また、一部のクラブでは、ニューカッスルが高額なユニフォーム・スポンサー契約を締結することで、すぐにクラブ収入を増やし、FFP規制下での選手補強などの支出の許容範囲が広がることを懸念していると言われている。

Head coach Steve Bruce remains in the post for now having met with Staveley earlier this week

一方、ヘッドコーチのスティーブ・ブルースは、月曜日にトレーニング・グラウンドでアマンダ・スティーブリーと会っており、まだ監督の座にとどまっている。

しかし、日曜日のスパーズ戦を前にブルースを解任するには、少なくとも週の半ばまでかかると考えられていた。

新オーナーが注目しているのはクラブ経営陣の人事であり、スポーツ・ディレクターやチーフ・エグゼクティブなどの決定はそのうちに行われるだろう。

クラブ関係者は、フランク・ランパードが監督に就任する可能性を否定しているが、次期監督を決定するプロセスには多くの選択肢があり、様々な声に耳を傾ける必要があることを強調している。