/UEFAはチャンピオンズリーグ準々決勝でのスパーズの新スタジアム使用を受け入れる構え

UEFAはチャンピオンズリーグ準々決勝でのスパーズの新スタジアム使用を受け入れる構え

 

マウリシオ・ポチェッティーノは先週、自らの考えを打ち明け、今シーズンにスパーズが新スタジアムで試合するのは困難だとした一方、チェアマンのダニエル・レヴィはシーズン中の新スタジアムへの移行について半ば楽観的な態度をとっている。

スパーズがグループステージでバルセロナと引き分け、ノックアウトステージに駒を進めた後、ケインは新スタジアムについての思いを語っていた。新スタジアムであるニュー・ホワイトハート・レーンを使用できていたなら、リバプールのアンフィールドと同じくらい凄まじいインパクトを彼らバルセロナに与えられたはずであると。

「新スタジアムでのチャンピオンズリーグの試合は、特別で素晴らしいものになるだろう」

「僕たちはそのような素晴らしい雰囲気を作ろうと試みたんだ。皆知っての通り、アンフィールドの雰囲気は特別だよね。彼らはホームになると途端に素晴らしい巻き返しを図ったこともあるし、同様に結果も出しているんだ。僕たちがこの大会で勝ち進むのに必要なのがそれ(アンフィールドのような雰囲気を作れるホームスタジアム)だと確信しているよ。」

イブニング・スタンダードが記事上で行ったアンケート「トッテナムはシーズン中に新スタジアムに移れるか?」で読者の意見は真っ二つに割れている。