/リークされたトッテナムの「第4ユニフォーム」は間もなくお披露目か

リークされたトッテナムの「第4ユニフォーム」は間もなくお披露目か

トッテナム・ホットスパーのファンは、間もなく購入すべき今シーズンのユニフォームの選択肢に、リークされたナイキの第4ユニフォームを加える可能性がある。

ジョゼ・モウリーニョのチームは今シーズン、白のトップに紺色の肩に紺色をあしらったホーム・ユニフォーム、緑のアウェイ・ユニフォーム、そして黄色のサード・ユニフォームの3種類すべてを着用している。

トッテナムは2018年にナイキと15年のユニフォーム・サプライヤー契約を結び、その契約金は年間3000万ポンドとされているが、最新のリークされたユニフォームのデザインはファンの間で多くの議論を挑発し、その対照的な見た目で見解が分かれている。

2020-21シーズンの初めには、ナイキのスニーカー「エアマックス 95」にインスパイアされたカラーグラデーションが特徴的なグレーの第4ユニフォームが用意されている可能性についての情報や写真があふれていた。

今回、Footy Headlinesはナイキがバルセロナ、インテル・ミラノ、リバプール、パリ・サンジェルマン、トッテナムの5つの主要クラブに第4ユニフォームをリリースすると報じており、そこで新しいトッテナムのユニフォームの画像を載せている。

最新の画像では、同じ色とデザインを維持しながら、開幕前にソーシャルメディアで拡散された画像から1つのひねり加えられている。

トッテナムのユニフォーム・スポンサーである「AIA」のロゴではなく、「エアマックス 95」のロゴにインスパイアされたエアマックスのイメージが中央に描かれている。

スパーズは2019年にAIA Group Limitedとの間で、2026-27シーズン終了までの3億2000万ポンドとされる大規模なユニフォーム・スポンサー契約を更新した。

サード・ユニフォーム同様に、この第4ユニフォームのデザインは、ボールの上に雄鶏が乗るクラブのクレストとナイキのスウッシュのロゴが胸の中央の位置に置かれたレトロなデザインとなっている。

https://i2-prod.football.london/incoming/article19686397.ece/ALTERNATES/s1227b/0_Fourth-kit-1JPG.jpg