/新スタジアムのオープニングマッチ、パレス戦のメンバー向けチケット先行販売が30分で完売に

新スタジアムのオープニングマッチ、パレス戦のメンバー向けチケット先行販売が30分で完売に

トッテナム・ホットスパーの新スタジアムでのオープニング・マッチとなるクリスタルパレス戦の初回メンバー向けチケット販売が月曜に実施され、30分でチケットは完売した。

 

4月3日のプレミアリーグの試合のチケットは、One Hotspur+(ワン・ホットスパー・プラス)のメンバーのみに現地時間の月曜午前10時に売り出されたが、10時30分には今回販売された1000枚のチケットが完売となった。

62,062人収容のスタジアムであるにもかかわらず、あまりにも早い完売に憤慨する一部のファンが出ており、完売後もチケット購入の列で待たされたという意見も出ている。

メンバー向けには全部で7000枚が用意されており、残りは6000枚となる。この6000枚は、One Hotspur(ワン・ホットスパー)の全メンバー向けに火曜日の10時から売り出される予定だ。

しかし、同メンバーは16万5000人いるため、この6000枚の争奪戦も熾烈になることが予想され、より早く完売になりそうだ。

さらに、シーズンチケット・ホルダーとOne Hotspurのメンバーのゲスト販売(同伴者向け販売)は3月29日(金)の10時に開始となる。

新スタジアムは62,062席の収容力を誇るにもかかわらず、42,000席がシーズンチケット・ホルダーに抑えられているため、メンバー向けには7,000のチケットしか手配されないことに困惑するファンも出ている。さらに8,000枚はプレミアム・シーズンチケットとなり、3000はアウェイのファン向けの席となる。

ホワイトハート・レーンでの最終戦となったマンチェスター・ユナイテッドとの試合では北東側スタンドが取り壊されていたなかで31,848人が観戦に訪れ、3,000〜5,000枚のチケットがメンバー向けに販売されていた。

新スタジアムのチケットの需要はすでにかなり高まっており、日曜のテスト・イベントを経て、来場したファンから新スタジアムへの称賛が拡散されたことによりさらに高まりを見せている。

今シーズンのプレミアリーグの残りのホームゲームやチャンピオンズリーグはもちろんのこと、来シーズンに入っても、この状況は変わらないだろう。