/ピエール・エミール・ホイビィア:幸せを感じつつ、新たな学びへの意欲が高まる

ピエール・エミール・ホイビィア:幸せを感じつつ、新たな学びへの意欲が高まる

よりフォーマルな呼び方としては「ピエール・エミール」となる。明らかにこのクラブに来たことに興奮している様子で、会話の中で新スタジアムの話題が出たときには、その目はさらに輝きを増していた。

「それだって僕が最初に話題にしたことなんだよ。妻との会話でね」

彼は微笑み、昨シーズンのトッテナム・ホットスパー・スタジアムでのサウサンプトン戦での2試合を思い出していた。

「いつかまたファンがスタジアムに来場できるようになったら、あのスタジアムが空っぽのところに最初に入ってみたいんだ。本当に最高のスタジアムだよ。あのスタジアムは誇りに思うべきものだし、今、あのスタジアムがホームだなんて、素晴らしいことだね。これからいい思い出をいっぱい作りたいし、それに多くの功績とタイトルを獲得したいね」

フランス語だけでなく、デンマーク語やドイツ語、英語にも堪能なピエールに、フットボールを離れた日常の彼の性格を自分の言葉で説明してもらった。

「分からないよ…妻に聞いてみて!」

「僕は物事をシンプルに整理しとくのが好きで、リズムがあって、人生を楽しむのが好きなんだけど、自分の生活の大半はここの練習場か家で子供たちと一緒に過ごすことになるだろうね」

「6週間ほど前に子供が産まれて、もう一人の娘はもうすぐ3歳になるし、妻と一緒にいる生活も落ち着いているし、今はこの素晴らしいクラブにいるので、仕事も落ち着いているよ」