/スパーズ対レッドスター:プレーヤー・レイティング

スパーズ対レッドスター:プレーヤー・レイティング

パウロ・ガッザニーガ 6

27分に混戦のなかからのファンラパラのヘッダーからをしっかりとセーブした。他は比較的容易に試合を進められた。

セルジュ・オーリエ 7

守備面でもこの右サイドバックはかなり冴えていた。彼の攻撃面での貢献はまだまだやれただろうが、彼の前にいるチームメイトがその役割を存分に発揮していた。

ダビンソン・サンチェス 7

フェルトンゲンと快適なセンターバックのコンビを形勢した。アンフィールドでポチェッティーノがどんな守備ラインを選択するかが興味深くなった。

ヤン・フェルトンゲン 7

最近のパフォーマンスのなかでははるかに秀でたもので、デイビスが守備的に貢献度を高めていたことも、彼にとって有利に働いた。

ベン・デイビス 8

ラメラの開始30分で絶好のチャンスをお膳立てした。フェルトンゲンの手前や頭上を超えるボールが放り込まれた時には、このウェールズ人が常に上手くカバーしていた。1時間を過ぎたところで、孫興民を決定機を演出する、長いオーバーラップでエリア内に突っ込んだ。

タンギ・エンドンベレ 9

ミッドフィールドで強力なプレーを披露し、孫興民の2ゴール目の場面では完璧なパスを通し、ケインの2ゴール目はノールックでパスを通した。バイエルン戦での開始から30分間を除けば、これは彼のスパーズでのベスト・パフォーマンスだろう。彼はレッドスターをボロボロになるまで走らせた。

ムサ・シソコ 8

エンドンベレのために汚れ仕事をすべて請負い、彼の本領を発揮させた男。ピッチ中でレッドスターの選手たちはシソコに四苦八苦した。

デレ・アリ 7

2試合続けての強力なプレーとなった。4-3-3と4-2-3-1の間を埋める流動的な役割で、多くの駆動力と万能性を示してした。ピッチの中心からスパーズ全体に活力を与えていた。

エリク・ラメラ 9

スパーズでの200回目の出場で、16分までに2つのアシストを記録。まずはケインにコーナーから合わせ、孫興民のゴールはチップクロスで攻略した。その後すぐに自身のシュートでキーパーを脅かすもフライングセーブで阻まれた。後半の初めにケインのクロスから再びシュートを放ち、立て続けに狙ったシュートは枠を外れた。そしてついに、60分の手前でその活躍にふさわしいゴールを決めた。

Tottenham Hotspur