/シェフィールド・ユナイテッド戦の先発メンバー考察:エンドンベレの創造性とベイルの魔法を…

シェフィールド・ユナイテッド戦の先発メンバー考察:エンドンベレの創造性とベイルの魔法を…

ウェンブリーでの試合では、チームを後ろから攻めることを強調していたが、ディフェンスからボールを受けてスパーズを前進させるには、タンギ・エンドンベレが適任であるため、メンバーに戻す必要がある。

エンドンベレが復帰することで、ハリー・ウィンクスとジオバニ・ロチェルソがベンチに下がり、スパーズはフォーメーションを変更する。

ウェンブリーで活躍したルーカス・モウラを10番の位置で起用し、ギャレス・ベイルを右サイドに、ソン・フンミンを左サイドに配置してハリー・ケインとの3トップを組む。

今シーズンのシェフィールド・ユナイテッドの低迷とアウェーでの不調を考えれば、ソンがゴール前で自分のフォームを再発見するのに最適な試合と言えるだろう。

ロリス、オーリエ、アルデルヴァイレルト、ダイアー、レギロン、ホイヴィア、エンドンベレ、ベイル、ルーカス、ソン、ケイン